ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.11257] 【滋賀】佐川美術館/生誕110年 田中一村展 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2018/07/16(Mon) 00:28:22

 守山市の佐川美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=25&c=31では、孤高の画家・田中一村の展示が開催中です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆「生誕110年 田中一村展」〜9/17(月・祝)
    月曜休館(8/13は開館、祝日の場合は翌日)
    入館料金:一般1000円 高大生600円 中学生以下無料(要保護者同伴)
 栃木に生まれた田中一村(1908-1977)は幼少期より南画を描き、1926年に東京美術学校へ入学後、2ヶ月で退学。以後、特定の師につかず、独学で画家人生を歩み、千葉で20年間ひたすら写生に没頭。奄美大島へ渡り亜熱帯の植物や鳥などを題材にした日本画を描き、独自の画業を追い求めるが、生前それらの作品を発表する機会もなく無名のままこの世を去る。孤高の画家・田中一村の幼少期から青年期にかけての南画、新しい日本画への模索、そして琳派を彷彿とさせる奄美の情景を描いた作品まで、各時代の代表作を含む150点以上の作品により、創作の軌跡と一村芸術の真髄に迫る。
  《桃果図》、《富貴昌図》、《菊水図》 1928年 
  《桐葉に尾長》 制作年不詳 
  《秋色》 1938年 
  《秋晴》 1948年8月
  《忍冬に尾長》 1956年頃 
  《初夏の海に赤翡翠》 1962年頃
  《枇榔樹の森に崑崙花》 1960年代
  《アダンの海辺》(〜8/19までの展示) など


記念講演会:8/19(日)午後2時〜 ( 開場1時〜)樂吉左衞門館ロビーにて、定員100名(先着順)入館料のみ
  松尾知子氏(千葉市美術館上席学芸員)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                     明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー