ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.11255] 【東京】目黒区美術館/フィンランド陶芸―芸術家たちのユートピア 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2018/07/16(Mon) 00:23:30

 目黒区美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=13&c=188ではじまった陶芸の展覧会を紹介します。  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆日本・フィンランド外交関係樹立100周年記念「フィンランド陶芸
                       ―芸術家たちのユートピア」〜9/6(木)
     月曜休館(ただし、7/16(月・祝)は開館し、7/17(火)は休館)
     入館料金:一般800円 高大生・65歳以上600円 中学生以下 無料
           障がいのある方は半額・付添者1名無料。
           目黒区内在住、在勤、在学者は、証明書類提示で団体料金 
 これまでプロダクト・デザインだけが紹介され、作家による芸術作品はあまり知られなかったフィンランド陶芸の体系的な展示。黎明期から、最盛期ともいえる1950年代・60年代までを名作と共に辿る。
 1930年代後半から始まるフィンランド陶芸の躍進は、美術工芸中央学校における陶芸家育成と国を代表するアラビア製陶所美術部門すなわし国を挙げて芸術、文化の振興に取り組んだ結果、フィンランド陶芸は20世紀中期には世界的な潮流を生み出すまでに成長。 本展は、フィンランド陶磁器やガラス作品の世界的コレクターであるキュオスティ・カッコネン氏のコレクションを中心に、「フィンランド陶芸の萌芽」「近隣諸国の影響を受けて」「フィンランド陶芸の確立」「フィンランド陶芸の展開」「プロダクト・デザイン」の5章によって構成。
5. プロダクト・デザイン−フィンランドと日本
おもにアラビア製陶所で生産されたフィンランドの日用品には、隣国スウェーデンの影響が色濃くありました。しかし第二次大戦後、新たなデザインが求められると、同国に倣った機能主義に加えて、日本の美術や工芸にも影響を受けた製品が国内外で人気を博しました。本章では、日本でも人気の高いカイ・フランクらの食器セットなどを紹介します。
   アルフレッド・ウィリアム・フィンチ 花瓶 1897-1902年
   花瓶≪カレヴァ≫ 1906-1914年
   ミハエル・シルキン 彫像(駱駝) 1940年代
   キュッリッキ・サルメンハーラ 壺 1958年頃
   フリードル・ホルツァー=シャルバリ ボウル(ライス・ポーセリン) 1950年代
   ビルゲル・カイピアイネン 飾皿(テーブルのある部屋) 1980年代
   ルート・ブリュック 陶板《聖体祭》 1952-1953年
   トイニ・ムオナ 筒花瓶 1940年代      など

特別講演会:7/22(日)午後2〜4時、定員70名(先着順)入館券のみ
「フィンランドという国と人、その生活とデザイン」
      島崎 信氏(武蔵野美術大学名誉教授/日本フィンランドデザイン協会理事長)

大人のための美術カフェ:8/25(土)午後2〜3時 ナビゲーター:学芸員 入館券のみ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                     明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー