ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.11254] 【福井】県立美術館/ピカソ 版画コレクション 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2018/07/15(Sun) 23:12:40

 福井市の福井県立美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=18&c=4では、ピカソの版画コレクションの展覧会を開催中です。  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆福井県立美術館開館40周年特別企画展
 「ピカソ フランス国立図書館版画コレクション」〜8/26(日)
     8/6(月)のみ休館
     入館料金:一般1200円 高校生700円 小中生400円
            障がい者手帳等をお持ちの方と介助者1名は半額
           公共交通利用促進:福井鉄道、えちぜん鉄道、すまいるバス利用者には、
                利用当日の入館料割引特典あり
           福井市美術館開催「歌川広重の世界〜保永堂版東海道五十三次と江戸の四季〜展」
             7/21(土)〜9/2(日)との一般共通チケット(当日),000円
 豊かな才能と制作量でも20世紀最大の巨匠パブロ・ピカソは版画のみでも青年期から最晩年に至る70年以上に制作された版画数は2000点近く。フランス国立図書館所蔵の膨大なコレクションから、ピカソの重要な版画作品を厳選して紹介し、彼が美術史の巨匠たちから影響を受けて制作した数々の作品を併せて展示。
  《マリー・テレーズの顔》1928年
  《ポンポンのついた帽子をかぶりプリントブラウスを着た女の肖像》1962年 
  《ミノタウロマキア》1935年 
  《草上の昼食(マネによる)》1962年 
  《若い女の肖像(クラーナハ(子)による)II》1958年 
  《座る女》1960年 富山県美術館蔵

見どころ解説会:担当学芸員:土曜日午前10時30分〜約15分、講堂にて、        

講演会:7/28(土)午後2時〜(開場1時30分)講堂にて、申込不要、無料
「フランスがもたらした大津絵の再発見―バルブトー、ルロワ=グーランからマティス、ピカソまで―」
   クリストフ・マルケ氏(フランス国立極東学院(EFEO)院長、大津びわ湖PR大使)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                     明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー