ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.11253] 【高知】県立美術館/王様の美術館  フランス近代美術とシュルレアリスムの精華 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2018/07/15(Sun) 23:11:36

 高知市の高知県立美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=39&c=0では、 横浜美術館コレクションの近代西洋絵画を展示中です。 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆開館25周年記念 横浜美術館コレクション
「王様の美術館  フランス近代美術とシュルレアリスムの精華」〜9/24(月・祝)
     会期中無休
     入館料金:一般1100円 大学生800円 高校生以下無料
       身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳、戦傷病者手帳
        及び被爆者健康手帳所持者と介護者1名無料
       高知県及び高知市の長寿手帳所持者は無料。
 1989年の開館以来、開港以降の近・現代美術を中心に幅広く収集・展示してきた横浜美術館。
 フランス近代美術コレクションの中核を占める、1920年代に始まった夢想的・幻影的なこの美術運動シュルレアリスム(超現実主義)のダリ、マグリット、デルヴォー、エルンストら、シュルレアリスムを代表する巨匠たちの名品が一堂に会する。写真のコレクションでは、ナダール、ラルティーグ、ケルテスら、近代写真史を彩る巨匠たちにより、パリの見慣れた街角が、謎めいた風景に変貌する写真のシュルレアリスムも堪能。
 展覧会名の「王様の美術館」は、出品されるマグリットの謎めいた絵画作品の題名でもあり、観る者を別世界へと誘う神秘的なタイトルとイメージの組み合わせが今回の展覧会を象徴。
    ルネ・マグリット《王様の美術館》1966年、油彩・カンヴァス
    ギュスターヴ・モロー《岩の上の女神》1890年頃、水彩、グワッシュ・紙
    ポール・セザンヌ《ガルダンヌから見たサント=ヴィクトワール山》1892-95年、油彩・カンヴァス
    パウル・クレー《攻撃の物質、精神と象徴》1922年、水彩、油彩・紙
    ナダール《ウジェーヌ・ドラクロワ》1858年(1978年プリント)
    フェルナン・レジェ《コンポジション》1931年、油彩・カンヴァス  など

記念レクチャー:8/19(日)午後2時〜、1階講義室にて、先着50名、無料
「最後の玉座から王様の美術館まで
   ―横浜美術館西洋画コレクションの魅力」中村尚明氏(横浜美術館 主任学芸員) 

担当学芸員によるギャラリー・トーク:7/22、8/5・12・26、9/9・23(日)午後2時〜
8/26は英語通訳付きミニトーク
9/9は手話通訳付きミニトーク

無料託児サービス:9/14(金)〜17(月・祝)(全4日)(午前10時〜正午、午後1時30分〜3時30分)
定員:各回10名(入替制)、入館券のみ、1階 講義室にて
申込方法:電話(088-866-8000)で問合の上、申込書を9/7(金)まで
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー