ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.11250] 【兵庫】香雪美術館/鈴木松年 今蕭白と呼ばれた男[7/10(火)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2018/07/09(Mon) 23:53:22

 阪急御影の香雪美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=28&c=3で明日から開催される日本画の展覧会です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆「生誕170年・没後100年記念 鈴木松年 今蕭白と呼ばれた男」前期:7/10(火)〜8/19(日)
                                       後期:8/21(火)〜9/30(日)
      月曜休館(7/16、9/17、9/24開館、翌日休館)
      入館料金:一般800円 高大生500円 中学生以下無料
            7/12(木)は「兵庫県政150周年記念美術館博物館無料開放事業」で無料
 赤穂の儒学者の祖父に、儒学者で日本画家を父に京都で生まれた鈴木松年(1848〜1918)。初号は百僊といい、22歳の時、1日で1000枚絵を描く席画会を契機として、32歳頃に画号を「松年」と改め、禅語「松樹千年翠」に由来し、父の百年を超えようとする自負心が伺える。雪舟、狩野元信を尊び、鬼才の画家曾我蕭白に私淑。
 明治14年(1881)に京都府画学校(現 京都市立芸術大学)の副教員(教授職)となり、京都画壇の重鎮として活躍し、上村松園、土田麦僊などが彼の下で学び、松年はその豪快な画風と豪放な性格から今蕭白と呼ばれた。
 誕生170年、没後100年の機会に鈴木松年の画業と作風に触れる。
   「渓流桜花図」大正2年(1913)
   「仁王像」 明治19年(1886)
   「松図」 大正5年(1916)
   「宇治川橋合戦図屏風」 明治44年(1911)[後期]
   「群仙図屏風」明治36年(1903)[後期]など

ギャラリートーク:土曜日午後2時から、学芸員による
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                     明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー