ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.11240] 【大阪】リバティおおさか/絵図と被差別民 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2018/07/04(Wed) 23:55:13

 JR芦原橋の大阪人権博物館(リバティおおさか)http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=27&c=14では、人権に関わる地図の展示を開催中です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆第73回特別展「絵図と被差別民−都市大坂のコスモロジー」〜8/30(木)
     日〜火休館
     水〜金曜:午前10時〜午後4時(入館は3時30分まで)
     土曜日:午後1時〜5時(入館は4時30分まで)
     入館料金:大人500円 高大生、65歳以上300円 小中生200円 

  町絵図など江戸時代に描かれた絵図(古地図)には、古文書にはない豊富な情報が盛り込まれ、 まさに時代の証人である。
 一方、絵図には、江戸時代の身分制度を明確に反映し、平民の居住空間とは一定の距離をおいた被差別民の共同体が描かれ、城下町大坂の場合もまた、「かわた」「長吏」「三昧聖」といった共同体につい て、「穢多」「非人」「隠坊」などといった差別的な名称が刻印されている。
 絵図そのものに むき合うことで新たな歴史的事実を明らかにすることこそが、部落問題の歴史研究のみならず、差別克服のための有効な手段。本展 では、被差別民の記載についても歴史上の事実として、そのまま展示公開し、 それぞれの絵図の解説文においてその意味を説明。

学芸員による展示解説:8/4(土)午後2時〜
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                     明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー