ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.11239] 【大阪】関西大学博物館/地図皿にみる世界と日本 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2018/07/04(Wed) 23:53:24

 吹田市の関西大学博物館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=27&c=96で行われている特別展を紹介します。  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆2018年度夏季企画展「神戸市立博物館選 地図皿にみる世界と日本」〜8/5(日)
     日祝日(7/16、8/5は特別開館)
     開館時間:午前10時〜午後4時
     入館無料
 地図を描いた陶磁器「地図皿」は、天保年間(1830〜44)に有田を中心に盛んに生産される。武士が出世を願ったものだが一般庶民にも大流行した。円形、角形、扇形、木の葉形などの形状に青海波、飛鶴、菊花、松葉などの様々なデザインに世界図、日本図、九州図などが広がる。現在でもわかる地名もあれば、一目国、長人国、小人国、女人国など奇妙な国々の名前も見られる。当時の人々は地図皿に、どのような世界と日本を見たか。本展覧会は、神戸市立博物館の地図皿コレクションから23件を展示。時代背景の理解のため、南蛮屏風(高精細複製)や地図、地誌書など関連資料も展示。
   三彩ユーラシア・アフリカ大陸図円形皿
   緑釉南北アメリカ大陸図六稜形皿
   染付千鳥に渦巻き文日本図円形皿  など

(1)講演会:7月14日(土)午後1時より 
「江戸時代のワンダーランド」小野田一幸氏(神戸市立博物館学芸課長)
「地図皿を彩る地図と意匠」中山 創太氏(神戸市立博物館学芸員)
  無料、要事前申込(定員100名、先着順受付)
件名を「地図皿講演会」とし、氏名(漢字・ふりがな)連絡先(電話番号・E-Mailアドレス)を記入し
E-mail:hakubutsukan@ml.kandai.jpもしくは往復はがきにて。

(2)学芸員による展示解説:7/24(火)午後1時〜30分

(3)キッズミュージアム 手作り南蛮屏風に挑戦:8/2(木)、8/3(金)
  参加無料、申込み方法は館サイトにて
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                     明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー