ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.11237] 【東京】国立近現代建築資料館/建築からまちへ1945−1970 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2018/07/04(Wed) 23:51:46

 湯島の文化庁 国立近現代建築資料館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=13&c=124
で開催中の展覧会を紹介します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆平成30年度収蔵品展「建築からまちへ1945−1970
    戦後の都市へのまなざし展」〜9/9(日)
      会期中無休
      入館無料、ただし都立旧岩崎邸庭園から入場する際には400円
 1945−1970年という戦後復興・高度経済成長の時代は、往々にして効率重視の、急激な近代化・都市化・工業化・機械化の動きが注目されがちです。しかし、〈戦後〉に活躍した建築家たちは、21世紀に求められている〈まちアーバニズム〉の再構築、それを支える〈都市アーバンデザインへのまなざし〉を芽生えさせた。
 本展では、館蔵の坂倉準三、吉阪隆正+U研究室、大高正人などの建築資料群から、彼らが思い描いた〈まちアーバニズム〉や〈都市アーバンデザイン〉に関連する資料を展示。さらに、修復が完了した池辺陽の「渋谷区復興計画案」の全容も紹介。

ギャラリートーク2:7/14(土)午後2時〜
「坂倉準三:ユルバニスム−都市建築、シビックセンター」山名善之氏
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                     明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー