ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.11210] 【東京】国立西洋美術館/ミケランジェロと理想の身体 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2018/06/25(Mon) 01:19:43

 上野公園の国立西洋美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=13&c=127で開催中の巨匠の展覧会を紹介します。
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆「ミケランジェロと理想の身体」〜9/24(月・休)
    月曜休館(7/16(月・祝)8/13(月)9/17(月・祝)9/24(月・休)は開館、7/17(火)休館)
    午前9時30分〜午後5時30分(金土は9時まで、入館は閉館の30分前まで)
    入館料金:一般1600円 大学生1200円 高校生800円 中学生以下は無料。
    心身に障害のある方および付添者1名は無料(要障害者手帳提示)
 彫刻、絵画、建築のすべての分野で名をなし「神のごとき」と称された男、ミケランジェロ・ブオナローティ(1475-1564)。彼がシスティーナ礼拝堂に描いた《アダムの創造》と《最後の審判》はあまりにも有名だが、彼はあくまで自ら「彫刻家」という肩書にこだわった。至宝とされるサン・ピエトロ大聖堂の《ピエタ》、フィレンツェ共和国の象徴とされる巨大な《ダヴィデ》など、大型彫刻作品は展示が困難。本展は、《ダヴィデ=アポロ》《若き洗礼者ヨハネ》というミケランジェロ彫刻の傑作を核に、古代ギリシャ・ローマとルネサンスの作品約70点の対比を通して、両時代の芸術家が創りあげた理想の身体美の表現に迫る。

ミケランジェロ・ブオナローティ《ダヴィデ=アポロ》1530 年頃 
     《若き洗礼者ヨハネ》1495-96年 
古代《プットーとガチョウ》1世紀半ば 
  《アメルングの運動選手》紀元前1世紀
  《ヘラクレス》紀元前4世紀後半 
ルネサンス《遊ぶ幼児たち》 スケッジャ1450-70年
     《バッカスの頭部》 バッチョ・バンディネッリ1515年頃
     《聖セバスティアヌス》 マリオット・アルベルティネッリ 1509-10年 
     《ラオコーン》 ヴィンチェンツォ・デ・ロッシ 1584年頃   など
講演会:講堂(地下2階)にて午後2時〜3時30分各回先着130名
  当日正午より、館内インフォメーションにて、入館券をお持ちの1人につき1枚聴講券を配付、開演の30分前から入場
8/11(土・祝)「ミケランジェロと古代美術」青柳正規氏(山梨県立美術館 館長・東京大学名誉教授)
9/8(土)「ルネサンス期のローマ:古代彫刻の街」飯塚隆氏(本展監修者・主任研究員)

スライドトーク:7/6(金)8/17(金)9/14(金)午後6時〜(約30分)
  講堂(地下2階)にて、先着130名、入館券のみ、開場は開演30分前
  飯塚隆氏(本展監修者・主任研究員)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                 参考:館のチラシとホームページ

                 明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー