ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.11209] 【京都】美術館「えき」KYOTO/新版画展 美しき日本の風景[7/5(木)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2018/06/25(Mon) 01:16:31

 美術館「えき」KYOTOhttp://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=26&c=70で来月初めから始まる版画の展覧会を紹介します。
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆「新版画展 美しき日本の風景」7/5 (木)〜8/1(水)
     会期中無休
     開館時間:午前10時〜午後8時(入館は閉館30分前まで)
     入館料金:一般800円(600円)  高大生600円(400円) 小中生
400円(200円)
          ( )内は前売および「障害者手帳」提示者と同伴者1名
 江戸時代に大量印刷が可能となって庶民に親しまれた浮世絵は、大正から昭和初期にかけて版元渡邊庄三郎が中心となり、「新版画」として再興した。美人画や役者絵もある新版画だが、本展では風景というテーマに注目し、葛飾北斎や歌川広重などによって大成された風景画を、新しい形で表現した新版画の魅力に迫り、川瀬巴水と𠮷田博の作品を中心に、日本各地の四季折々の情景を豊かな色彩で捉えた作品約100点を展示。
  吉田博《関西 はやせ》1933年
     《日本アルプス十二題の内 穂高山》1926年
  川瀬巴水《元箱根見南山荘風景(5)つつじ庭に遊ぶ二美人》1935年
      《暮れゆく古川堤》1919年
  笠松紫浪《春の夜 銀座》1934年
  小林清親《本町通夜雪》1880年  など

ギャラリー・トーク:会場にて、入館券のみ
(1)7/5(木)午前11時から(約30分)森山悦乃氏(公益財団法人平木浮世絵財団 学芸員)
(2)7/8(日)/午前11時30分から、午後2時から(約30分)渡邊章一郎氏(渡邊木版美術画舗 代表取締役)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                 参考:館のチラシとホームページ

                 明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー