ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.11207] 【京都】相国寺承天閣美術館/浮世絵最強列伝[7/3(火)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2018/06/25(Mon) 01:13:54

 烏丸今出川の相国寺承天閣美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=26&c=11で来月初めから開催される、浮世絵の展示を紹介します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆サンタフェ リー・ダークスコレクション
 「浮世絵最強列伝−江戸の名品勢ぞろい」【前期】7/3(火)〜8/5(日)
                    【後期】8/8(水)〜9/30(日)
    会期中無休
    入館料金:一般1000円 65歳以上・大学生800円 小中高生500円(300円)
       リピーター割引(会期中2回目以降は、半券と引換にて100円割引)
 サンタフェ在住のリー・ダークス氏が、空軍士官として日本に駐留した機会に収集を始めた浮世絵の祖・菱川師宣、美人画の喜多川歌麿、役者絵の東洲斎写楽、そして葛飾北斎や歌川広重など代表的な浮世絵師の優品のみを集めたコレクションを初公開。
第1章 江戸浮世絵の誕生−初期浮世絵版画
  菱川師宣 「衝立のかげ」延宝後期〜天和期(1679-84) 横大判墨摺筆彩
  無款(鳥居清倍カ)「市川役者の鬼打豆」 宝永末〜正徳期(1709-15)頃 大大判丹絵
第2章 錦絵の創生と展開
  鈴木春信「お百度参り」明和2年(1765) 中判錦絵
  勝川春章「東扇 二代目山下金作」 安永5〜6年(1776-77) 倍間判錦絵
第3章 黄金期の名品
  喜多川歌麿「歌撰恋之部 物思恋」寛政5〜6年(1793-94)頃 大判錦絵
  歌川国政「二代目中村仲蔵の松王丸」寛政8年(1796) 大判錦絵
第4章 精緻な摺物の流行とその他の諸相
  葛飾北斎「四性ノ内 藤 干珠満珠 藤巻鎌」 文政5年(1822)頃 色紙判摺物
  岳亭「傾城見立列仙伝 七番の内 琴高」 文政7年(1824)頃 色紙判摺物
第5章 北斎の錦絵世界
  葛飾北斎「冨嶽三十六景 神奈川沖浪裏」天保2年(1831)頃 横大判錦絵
  葛飾北斎「風流なくてなゝくせ 遠眼鏡」 享和年間(1801〜04) 大判錦絵
第6章 幕末歌川派の隆盛
  歌川国芳「摂州大物浦平家怨霊顕るゝ図」 天保13年(1842) 大判錦絵三枚続
  歌川国芳「亀喜妙々」 嘉永元年(1848) 大判錦絵三枚続 など

浮世絵版画の摺り実演会:定員50名、入館券のみ、実施1時間前より整理券配布
  7/28(土)(1)午前11時〜、(2)午後2時30分〜

記念坐禅会:8/25(土)午後2〜3時30分、定員70名、1時30分より整理券配布、入館券のみ(半券可)
 14:00〜15:30

浮世絵風似顔絵:8/4(土)、8/5(日)、9/16(日)、9/17(月・祝)
 先着順、1枚500円
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                 参考:館のチラシとホームページ

                 明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー