ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.11205] 【兵庫】芦屋市立美術博物館/チャペック兄弟と子どもの世界[7/1(日)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2018/06/25(Mon) 01:10:23

 来月から芦屋市立美術博物館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=28&c=76で始まる絵本の展覧会を紹介します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆「チャペック兄弟と子どもの世界」7/1(日)〜9/9(日)
    月曜休館(7/16は開館、7/17は休館)
    入館料金:一般800円 高大生600円 中学生以下無料
       65歳以上および身体障がい者手帳・精神障がい者保健福祉手帳・療育手帳をお持ちの方
       と介護の方は半額に
       7/22(日)、8/15(水)入館無料  
 「ロボット」という言葉の生みの親として知られるチェコの作家カレル・チャペック(1890-1938)は文筆家として、造形作家の兄のヨゼフ・チャペック(1887-1945)とともに、多彩な才能を発揮。カレルはテキストに愛犬の写真を添えた『ダーシェンカ』、兄のヨゼフは『長い長いお医者さんの話』や、『こいぬとこねこはゆかいな仲間』などにより多くのファンを獲得。ヨゼフの絵本原画に加え、ヨゼフの油彩やパステル画、ドローイング、カレルによる『ダーシェンカ』の写真やデッサンなど、チャペック兄弟が子どもたちへの視点で生み出した、チェコの優れた子どものための芸術を紹介。
  ヨゼフ・チャペック 《花を持つ少女》 1934年 
            《リンゴが入った籠を持つ少年》 1930年    
            《ボールで遊ぶ二人の少年》 1928年 
            《ちちんぷいぷい》 1932年 
            《こいぬとこねこは愉快な仲間》 1929年 
            《ミンダと散歩するカレル・チャペック》 1926-1930年 
            《楽しい川辺》 1933年 
            《夏の少年たち(ぼくらの車)》 1931年
            《水浴び》 1928-1935年 

講演会:8/4(土)講義室にて、午後2〜3時30分、定員:80名、入館券のみ
「チャペック兄弟の魅力 ― その芸術の多様性と豊かさ」石川達夫氏(専修大学教授、神戸大学名誉教授)

ワークショップ 「版画で描こう絵本の世界」:7/28(土)午後1時30分〜3時30分
対象:小学生以上(定員30名)(事前申込制)材料費300円(高校生以上は要観覧券)
  体験学習室にて
申込方法:電話(0797-38-5432)で、7/15締切(応募者多数の場合は抽選)
  氏名・住所・年齢(子どものみ)・電話番号。
上映会 「20世紀前半のチェコのアニメーション」
『二人の少年と一匹の犬が走り回っているのを見てごらん!』(監督:カレル・ドダルほか 1925年7分)ほか
 7/29(日)8/19(日)講義室にて、午後2時〜 定員80名、入館券のみ

ミュージアム de おはなしの会:7/22(日)8/5(日)講義室にて、午前11時〜30分
 対象3歳以上(定員50名)入館券のみ

ギャラリートーク:7/21(土)8/11(土)午後2〜3時 申込不要

会期中の毎週水曜日は「トークフリーデー」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                 参考:館のチラシとホームページ

                 明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー