ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.11204] 【岐阜】県現代陶芸美術館/驚異の超絶技巧!明治工芸から現代アートへ[6/30(土)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2018/06/25(Mon) 01:07:06

多治見市の岐阜県現代陶芸美術館で、今週末から開催される工芸の展覧会を紹介します。http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=21&c=24
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆「驚異の超絶技巧!明治工芸から現代アートへ」6/30(土)〜8/26(日)*会期中展示替えを行います。
     月曜休館(7/16(月)は開館、翌日休館)
     入館料金:一般900円 大学生700円 高校生以下無料
          障がい者手帳をお持ちの方と付添者1名無料

 近年、明治工芸に対する注目度が飛躍的に高まってきました。、

 おもに輸出用としてつくられ、近年、再評価された陶磁、七宝、金工、牙彫、木彫、漆工、刺繍絵画などの工芸作品と、現代アートの超絶技巧が対決する展覧会を開催。
(明治)[陶磁]初代 宮川香山 《崖ニ鷹大花瓶》
    [木彫]旭玉山 《銀杏鳩図文庫》
    [金工]正阿弥勝義 《群鶏図香炉(蟷螂摘)》
    [牙彫]安藤緑山 《胡瓜》
(現代)前原冬樹 《一刻:皿に秋刀魚》 2014年 桜・油彩
    稲崎栄利子 《Arcadia》 2016年 陶土・磁土・ガラス
    高橋賢悟 《origin as a human》 2015年 アルミニウム など

・同時開催

☆「明治150年記念 近代の美濃陶芸1 明治期の革新」〜8/19(日)
☆「日本の陶芸:器諸相1950's-60's」〜8/19(日)
☆「物語のイタリア」〜8/19(日)

参加アーティストによるトークセッション:7/29(日)午後2〜3時30分 
  稲崎栄利子氏(陶磁)、佐野藍氏(石彫)
    プロジェクトルームにて、定員50名、無料、要事前申込(電話・メール)
ワークショップ 有線図柄の七宝焼ブローチ作り:7/7(土)午後2〜4時 
    プロジェクトルームにて、定員20名、参加費500円、要事前申込(電話・メール)                     
ワークショップ 超絶切り折り紙!:7/21(土)午後2〜3時30分 
  宮西徹氏(紙工芸作家) プロジェクトルームにて
    小学生以上〜大人、定員20名、無料、要事前申込(電話・メール)
以上の申込方法:電話(0572-28-3100)メール(momca2018event@gmail.com)
(1)催事名(2)参加者名(複数名可)(3)代表者の氏名、電話番号、住所

特別鑑賞会「むしハカセとみる超絶技巧!あの虫なんの虫? 」8/11(土)午後2〜3時 
  名和哲夫氏(名和昆虫博物館 館長)事前申込不要、要観覧券

ナイトミュージアム「美術館deインスタ映え!」会場内で自由に撮影可
  7/21(土)8/4(土)午後6〜8時、要観覧券、事前申込不要
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                 参考:館のチラシとホームページ

                 明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー