ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.11162] 【静岡】市美術館/いつだって猫展 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2018/04/29(Sun) 20:32:03

 静岡駅直結の静岡市美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=22&c=3では、江戸時代に猫を描いた浮世絵展の開催中です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆「いつだって猫展」〜5/20(日)
    月曜休館(4/30、5/1は開館)
    入館料金:一般1200円 高大生・70歳以上800円 中学生以下無料

 日本人の暮らしに寄り添い、古くから物語や絵画に登場する身近な猫は、特に江戸時代後期、浮世絵、歌舞伎、版本などに多く取り上げられた。その姿は可愛いだけでなく、ねずみ退治や化け猫、福を招く縁起物とさまざまに描かれた。本展では、猫を題材とした浮世絵を中心に、招き猫やおもちゃ絵、版本などを交え、江戸後期から明治にかけて巻き起こった「猫ブーム」の諸相を紹介。
第1章 江戸の暮らしと猫
  歌川芳艶「猫ねつみどうけかつせん」弘化元-3(1844-46)年 
第2章 化ける猫
  歌川国芳「日本駄右ェ門猫之古事」弘化4(1847)年
  歌川国芳「荷宝蔵壁のむだ書」嘉永元(1848)年
第3章 人か猫か、猫か人か
  歌川国芳「二代目市川九蔵のあわしま庄太夫」天保12(1841)年
  歌川国芳「猫の曲鞠」天保12(1841)年
第4章 福を招く猫
  歌川広重「浄るり町繁花の図」嘉永5(1852)年
  「丸〆猫」
第5章 おもちゃ絵になった猫
  歌川国利「新板猫の戯」明治17(1884)年
  小林幾英「新板猫の勉強学校」明治20(1887)年 など

学芸員によるスライドトーク:5/12(土)午後2時〜(30分程度)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                     明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー