ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.11160] 【京都】府京都文化博物館/色彩の画家 オットー・ネーベル展 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2018/04/29(Sun) 20:27:17

 三条高倉の京都府京都文化博物館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=26&c=43では、西洋抽象画の展示を開催中です。  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆「色彩の画家 オットー・ネーベル展 シャガール、カンディンスキー、クレーとともに」〜6/24(日)
     月曜休館(ただし4/30(月)、5/1(火)は開館)
     入館料金:一般1500円 高大生1000円 小中生600円
 スイス、ドイツで活動した画家オットー・ネーベル(1892-1973)は1920年代半ばにワイマールに滞在し、バウハウスでカンディンスキーやクレーと出会い、様々な画風を実験的に取り入れながら独自の様式を確立していく。本展では建築、演劇、音楽、抽象、近東など彼が手がけた主要なテーマに沿って、クレーやカンディンスキー、シャガールなど同時代の画家たちの作品も併せて紹介し、若き日のバウハウス体験に始まり、素材やマチエールを追求し続けた画家ネーベルの知られざる画業を紹介。
  オットー・ネーベル《避難民》1935年
             《ナポリ》『イタリアのカラーアトラス(色彩地図帳)』より、1931年
             《ムサルターヤの町 IV:景観B》1937年
             《ドッピオ・モヴィメント(二倍の速さで)》1936年
             《輝く黄色の出来事》 1937年
             《満月のもとのルーン文字》1954年    など

クロマチックハーモニカ コンサート:6/2(土) (1)午前11時〜 (2)午後1時30分〜(各回約1時間)
    岡直弥氏(ハーモニカ奏者) 別館ホールにて 入館券のみ
    館サイトの「特別展イベント申込フォーム」より申込

親子で楽しむカラーアトラス:5/3(木・祝)〜6(日) 3階やすらぎコーナー(展覧会場内)

ナイトミュージアム じっくり貸切&おしゃべり鑑賞会:5/12(土) 定員100名 
 参加費:1800円(イープラスのみで販売)
 午後6時15分〜7時30分 ブックカフェ「6次元」店主/アートディレクターナカムラクニオ氏によるギャラリートーク
    7時30分〜8時30分 グループに分かれて対話しながら鑑賞(希望者のみ)

ギャラリートーク:5/11(金)6/1(金)午後6時から30分程度
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                     明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー