ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.11159] 【東京】目黒区美術館/藤田嗣治 本のしごと 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2018/04/29(Sun) 20:25:09

 目黒区美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=13&c=188では、画家藤田嗣治の挿絵などの展示を開催中です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆没後50年「藤田嗣治 本のしごと 文字を装う絵の世界」〜6/10(日)
    月曜休館(ただし4/30(月・休)開館し、翌5/1(火)休館)
    入館料金:一般1000円 高大生・65歳以上800円 中学生以下無料
           障がいのある方は半額・付添者1名は無料。

 目黒区美術館のコレクション中でも重要な藤田嗣治の没後50年にあたり、藤田の画業の中か ら挿絵本を中心に紹介する展覧会を再び開催。
 1886(明治19)年東京に生まれ、東京美術学校の西洋画科で学んだ後渡仏し、フランスで画家としての地位を確立した藤田嗣治は、挿絵本の仕事にも積極的に取り組む。19世紀後半から20世紀にかけて、ヨーロッパは挿絵本の興隆の時代で、1919年、藤田は初めての挿絵本『詩 数篇』(Quelques poèmes)を手がけ、1920年代には30冊以上の挿絵本がフランスで出版された。本展では、戦前のフランスで発行された藤田の挿絵本、1930年代から40年代の日本での出版に関わる仕事、1950(昭和25)年フランスに移住した後の大型豪華本の挿絵などを中心に、藤田嗣治の「本のしごと」をふり返り、絵画や版画といった「絵のしごと」、藤田が友人に送った葉書や絵手紙、手作りのおもちゃ、 陶芸作品なども同時に展示。
  『誌数篇』1919年 ラ・ベル・エディション社
  『日本昔噺』1923年 アベイユ・ドール社
  藤田嗣治「書簡(フランク・シャーマン宛て)1949年3月31日」
   藤田嗣治「円形テーブル」製昨年不詳
  目黒区美術館蔵(旧シャーマン・コレクション)
  『魅せられたる河』1951年ベルナール・クライン社
   『イメージとのたたかい』1941年エミール=ポール・フレール出版 など

大人のための美術カフェ:会場を回りながら学芸員の話
5/12(土)午後2〜3時 申込不要、入館券のみ参加無料(ただし当日有効の本展観覧券が必要です)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                     明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー