ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.11156] 【大阪】市立東洋陶磁美術館/フランス宮廷の磁器 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2018/04/29(Sun) 20:19:26

 中之島の大阪市立東洋陶磁美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=27&c=33では、フランスの陶磁器の展示を開催中です。  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆特別展「フランス 宮廷の磁器 セーヴル、創造の300年」〜7/16(月)
    月曜休館(4/30、7/16は開館)
    入館料金:一般1200円 高大生700円
      ※中学生以下、障がい者手帳などをお持ちの方と介護者1名
        大阪市内在住の65歳以上の方は無料(要証明)
 ヨーロッパで磁器への憧れが高まった18世紀にパリ東端のヴァンセンヌに生まれ、国王ルイ15世がパリとヴェルサイユの間に位置するセーヴルへと移転して王立の磁器製作所となり、1769年には硬質磁器の開発に成功。宮廷御用達の画家や彫刻家が洗練された作品を生み出し、ルイ16世と王妃マリー・アントワネットに納めたほか、外交上の贈り物としても用いられた。革命後ナポレオンは新古典主義の作品を製作させ、19世紀半ばからの万国博覧会の時代にはテーブル・ウェアを越えた作品へ展開した。日本からは20世紀初頭に外国人作家として初めて、沼田一雅が型の製作に携わり、ピエール・スーラージュや草間彌生などの芸術家とのコラボレーションも行われている。本展では、製作所の300年の歴史を物語る、セーヴル陶磁都市の所蔵作品約130件を紹介。
 ポプリ壺「エベール」
   器形:ジャン=クロード・デュプレシ / 装飾:ジャン=ジャック・バシュリエに基づく 1757年
 ポプリ壺「ア・ジュール(透かし)」1752年
 スープ用の蓋付小鉢と受け皿 1781年
 壺「コテ・デュ・ロワ」1776年
 デザート皿《貝》「自然の産物のセルヴィス」より 1835年
 壺「テリクレアン」1842年
 ダンサーNo.13(テーブルセンターピース「スカーフダンス」より)1899−1900年
 《ゴールデン・スピリット》草間彌生 2005年  など

レクチャー:地下講堂にて学芸員による展示解説:5/19(土)6/9(土)6/24(日)7/14(土)
  午後2時〜30分(受付開始1時45分)定員70名、入館券のみ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                     明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー