ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.11152] 【大阪】あべのハルカス美術館/鈴木春信 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2018/04/29(Sun) 09:22:15

 あべのハルカス美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=27&c=20では、里帰りの浮世絵展を開催中です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆ボストン美術館浮世絵名品展「鈴木春信」〜6/24(日)
    5月の月曜休館
    開館時間:午前10時〜午後8時(月土日祝は〜6時まで、入館は閉館30分前まで)
    入館料金:一般1300円 高大生900円 小中生500円  
      ※本展観覧券(半券可)の提示で、
       大阪市立美術館特別展「江戸の戯画−鳥羽絵から北斎・国芳・暁斎まで」を100円相互割引
    6/12は「恋人の日」入場カップル(男女を問わず)には記念品(先着100組、美術館入り口で「合言葉はLove!」)

 錦絵創始期の第一人者として知られる浮世絵師鈴木春信は、若い恋人たち、母と子、さりげない日常、古典主題から発想された見立絵みたてえ・やつし絵など、春信は小さな画面の中に詩的で洗練されたイメージを豊かに表現し、江戸の評判娘や名所を主題に取り入れ、錦絵の大衆化に貢献した。本展では、ボストン美術館の豊富なコレクションにより、春信の活躍の様子をほぼ網羅して展覧し、関連作品も合わせこの浮世絵師を育んだ時代の気風を伝える。ほとんどが海外に所蔵される希少な春信の作品と出会える機会。
  《見立玉虫 屋島の合戦》中判錦絵2枚続のうち左 明和3-4年(1766-67)頃
  《見立三夕 寂蓮法師》中判錦絵 明和4年(1767)頃 
  《女三宮と猫》中判錦絵 明和4-5年(1767-68)頃
  《見立渡辺綱と茨木童子》中判錦絵 明和4年(1767)頃 
  《飛ぶ雁を見る二美人》中判錦絵 明和4-5年(1767-68)頃
  《子どもの獅子舞》中判錦絵 明和4-5年(1767-68)頃 
  《「水仙花」 炬燵で向き合う男女》(部分) 中判錦絵 明和6年(1769)頃
  《八ツ橋の男女》(部分) 中判錦絵 明和4年(1767)頃
  《六玉川 擣衣の玉川》中判錦絵 明和5年(1768)頃
  《浮世美人寄花 路考娘 瞿麦》明和6年(1769)頃 中判錦絵  など

ハルカス大学連続講座セミナー:5/6(日)午後2〜3時30分、23階セミナールーム(17階からエレベーター)
  「浮世絵の新時代〜春信と錦絵の誕生」田辺昌子氏(千葉市美術館副館長)
申込みは、ハルカス大学webサイト(http://harudai.jp/course/detail/haru20180506.php)
 電話(06-6622-4815)、もしくはハルカス大学受付(あべのハルカス23階キャンパスフロア)で先着順

ハルカス大学連続講座日経ウーマノミクスプロジエクト実行委員会女性限定企画
 5/13(日)午後2〜3時30分、23階セミナールーム(17階からエレベーター)定員70名(事前申込制、先着順)
  「春信画の男と女の描き方」浅野秀剛氏(館長)
  申込は、日経ウーマノミクスプロジェクト公式サイト(http://nwp.nikkei.com)で先着順
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                     明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー