ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.11151] 【大阪】市立美術館/江戸の戯画 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2018/04/29(Sun) 09:21:05

 天王寺公園の大阪市立美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=27&c=10では、浮世絵の展覧会を開催中です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆「江戸の戯画−鳥羽絵から北斎・国芳・暁斎まで」 【前期】〜5/13(日)
                          【後期】5/15(火)〜6/10(日)
    月曜休館(4/30、5/1も開館) 
    入館料金:一般1400円 高大生1000円
           中学生以下、障がい者手帳などをお持ちの方と介護者1名無料(要証明)
           相互割引:本展チケット(半券可)提示で、あべのハルカス美術館「鈴木春信展」を100円引き
 18世紀に大坂を中心に流行した軽妙な筆致の戯画 「鳥羽絵」をキーワードに江戸時代の戯画をご紹介します。鳥羽絵に描かれる人物は、目が小さく、鼻が低く、口が大きく、極端に手足が細長いという特徴を持ち、その名は国宝「鳥獣人物戯画」の筆者と伝えられてきた鳥羽僧正覚猷(とばそうじょうかくゆう)に由来するとされ、18世紀の大坂で鳥羽絵本として出版され、明治にまで続いた。鳥羽絵を洗練させたとされる大坂の「耳鳥斎(にちょうさい)」、鳥羽絵本の影響を受けたと考えられる江戸の北斎や国芳、そしてその流れをくむ暁斎など、江戸時代の戯画のエッセンスを見る。
  地獄図巻  耳鳥斎
  『北斎漫画』九編 葛飾北斎
  きん魚づくし ぼんぼん 歌川国芳
  滑稽浪花名所 住吉 一鶯斎芳梅(※前期展示)
  風流蛙大合戦之図 河鍋暁斎(※5/29〜6/10展示)など

講演会:5/19(土)午後2〜3時30分、1階講演会室 定員150名、当日先着順、入館券のみ
 「エッ、笑える絵って!? 絵を見て笑うということ」田沢裕賀氏(東京国立博物館 学芸研究部長)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                     明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー