ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.11149] 【兵庫】芦屋市立美術博物館/万葉のセゾン 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2018/04/29(Sun) 00:30:39

 芦屋市立美術博物館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=28&c=76では、奈良県立万葉文化館所蔵の万葉日本画の展示を開催中です。  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆「万葉のセゾン(saison)―奈良県立万葉文化館 季節のコレクション―」〜6/17(日)
    月曜休館(4/30は開館、5/1(火)休館)
    入館料金:一般1000円 高大生700円 中学生以下無料
        高齢者(65歳以上)
        身体障がい者手帳・精神障がい者保健福祉手帳・療育手帳所持者と介護者は半額
        ※観覧無料の日:5/19(土)、20(日)
 古代文化の総合文化拠点として、平成13(2001)年に開館した奈良県立万葉文化館。そのコレクションである「万葉日本画」は平山郁夫、片岡球子、絹谷幸二など、戦後を代表する画家が『万葉集』を解釈し、イメージを膨らませて描いた作品。もともと『万葉集』でも、季節ごとに歌を分類するように、四季は重要な役割を果す。本展では、「万葉日本画」コレクションのから、春夏秋冬それぞれの季節(セゾン)をテーマに描かれた作品をセレクトし古代から続く日本の四季の美しさを楽しむ。
  那波多目功一《訪春》平成9(1997)年
  畠中光享 《春柳葛城山》 平成8(1996)年
  上村松篁《春愁》平成10(1998)年
  平山郁夫《額田王》平成9(1997)年
  上村淳之《佐保の詩》平成10(1998)年
  片岡球子《富士》平成10(1998)年
  高山辰雄《弭の音》平成9(1997)年
  絹谷幸二《大和国原》平成9(1997)年

講演会:6/10(日)午後2〜3時、定員80名、講義室にて、予約不要
「万葉日本画を楽しく見るために」上野 誠氏(奈良大学教授)

ホールコンサート「耳に届ける万葉の四季」5/6(日)午後2〜3時30分、定員80名、1階ホールにて、予約不要

ギャラリートーク :5/13(日)6/3(日)午後2〜3時
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                     明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー