ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.11145] 【広島】県立美術館/ボストン美術館 パリジェンヌ展 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2018/04/28(Sat) 22:47:17

 縮景園隣の広島県立美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=34&c=3では、フランス絵画を中心にするフランス文化の展示中です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆「ボストン美術館 パリジェンヌ展 時代を映す女性たち」〜6/10(日) 
   会期中無休
   開館時間:午前9時〜午後5時(金曜は8時まで、入場は閉館30分前まで)
   入館料金:一般1400円 高大生900円 小中生600円  
       身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳
           及び戦傷病者手帳の所持者と介助者(1名まで)は半額
       県美×現美×ひろ美 相互割引:各チケット(半券可)提示で100円わりびき
           広島市現代美術館「阿部展也―あくなき越境者」〜5/20(日)
           ひろしま美術館「ねこがいっぱい ねこアート展」〜6/24(日)
 パリという魅力あふれる都市に生きる女性、パリジェンヌたちが時代の変化とともにみせる様々な表情の肖像、カサットやモリゾなど女性芸術家による傑作、カルダンやバレンシアガの斬新なドレスからブリジット・バルドーほか映画や舞台で活躍した女優のポートレートまで、ボストン美術館の所蔵品約120点を通して、18世紀から20世紀のパリを体現してきた女性たちの姿に迫る。
  エドゥアール・マネ《街の歌い手》1862年頃
  レギーナ・レラング《バルテ、パリ》1955年
  ジョン・シンガー・サージェント《チャールズ・E. インチズ夫人(ルイーズ・ポメロイ)》1887年
  ルイ=レオポルド・ボワイ―《アイロンをかける若い女性》1800年頃 
  フランツ・クサーヴァー・ヴィンターハルター《ヴィンチェスラヴァ・バーチェスカ、ユニヤヴィッチ夫人》1860年 
  ピエール=オーギュスト・ルノワール《アルジェリアの娘》1881年 
  ピエール・カルダン《ドレス》1965年頃
.
ギャラリートーク:5/11、18(金)午前11時〜、午後6時〜 山下 寿水氏(学芸員)3階企画展示室にて

写真撮影コーナー 「 あなたもパリジェンヌ 」〜6/10(日) 開館時間内
 石田あさきトータルファッション専門学校による、マネ《街の歌い手》を模した衣装が着用可

パリジェンヌ気分でヘアメイク体験:5/19(土)午後1〜3時

ロビーコンサート:5/12(土)正午 「 パリの空の下で 」
  野口美紀氏(アコーディオン) 1階ロビーもて、無料
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                     明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー