ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.11144] 【東京】渋谷区立松濤美術館/チャペック兄弟と子どもの世界 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2018/04/28(Sat) 22:45:35

 渋谷区立松濤美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=13&c=219では、東欧の童話の世界の展示を開催中です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆「チャペック兄弟と子どもの世界
    〜20世紀はじめ、チェコのマルチアーティスト」〜5/27(日)
     月曜休館(4/30、5/1は開館)
     入館料金:一般1000円 大学生800円 高校生・60歳以上500円 小中生100円
       土日祝休及び夏休み期間は小中学生無料
       毎週金曜日は渋谷区民無料
       障がい者及び付添の方1名は無料 
       連休中の4/29(日)30(月)5/3(木)〜6(日)中学生以下の子ども連れ来館者は半額
 20世紀初頭から活躍した、中欧チェコの芸術家、兄ヨゼフ(1887-1945)と弟カレル(1890-1938)のチャペック兄弟。ヨゼフはキュビスムの画家としてまたカレルの著書の装丁を手がけ、カレルは文筆家として、第二次世界大戦前の不安定な社会において、多くの新聞記事、戯曲、旅行記、批評などを発表した。
 二人で戯曲などを多数共同制作し、中でも1920年発表の戯曲『R.U.R.』の創作にあたり、 「ロボット」という言葉を生み出したことで知られる。子どもをテーマにした作品も多く発表し、ヨゼフが挿絵を手がけた童話『長い長いお医者さんの話』、カレルが愛犬「ダーシェンカ」を写真とイラストで紹介した本など、子どもの心を持ち続けた兄弟の作品を、その生涯とともに紹介。
 ヨゼフ・チャペック《花を持つ少女》油彩、カンヴァス 1934年
 ヨゼフ・チャペック《箱を持つ幼い少女》1930年代 パステル、紙
 ヨゼフ・チャペック《ボールで遊ぶ二人の少年》1928年 油彩、カンヴァス
 カレル・チャペック『ダーシェンカ』写真 1932年 
 ヨゼフ・チャペック《ミンダと散歩するカレル・チャペック》1926-30年 鉛筆、インク、紙
 ヨゼフ・チャペック『こいぬとこねこは愉快な仲間』原画 1929年 インク、紙 
 カレル・チャペック『ふしぎ猫プドレンカ』原画 1929年 インク、紙
 築地小劇場「人造人間」ポスター 1924年(大正13)( 〜5/8(火)公開予定) など

映画上映会「20世紀前半のチェコのアニメーション」5/6(日) 午後2時〜 日本語解説有り
   地下2階ホール、入館料のみ、定員60名、午後1時から地下2階で整理券配布
『二人の少年と一匹の犬が走り回るのを見てごらん!』(1925年 7分)
『フィリックス・ザ・キャット;海の上の水兵さん』(1929年 9分)
『子どもたち(靴メーカー・バチャの広告)』 (1935年 6分)
『ユビキタス君の冒険』 1936年 8分)
『ルチェルナ宮の秘密』(1936年 2分)
『失敗作のニワトリ』(1963年 14分)

当館学芸員によるギャラリートーク:5/12(土)18(金)午後2時〜
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                     明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー