ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.11142] 【奈良】橿考研博物館/古代の輝き−日本考古学と橿考研80年の軌跡 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2018/04/28(Sat) 21:51:16

 畝傍御陵前の奈良県立橿原考古学研究所附属博物館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=29&c=44では、研究所の歩みを日本考古学の歩みにあわせて紹介する展示を開催中です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆橿原考古学研究所創立80周年記念 春季特別展
「古代の輝き−日本考古学と橿考研80年の軌跡I−」〜6/17(日)
    月曜休館(4/30は開館、5/1(火)は休館)
    入館料金:大人800円 高大生450円 小中生300円
 昭和13(1938)年に行われた橿原遺跡の発掘調査を契機に橿原考古学研究所が創立され、本年で80周年。を迎えます。研究所と関係者による昭和初期から現在までの調査研究のなかから、考古学・古代史研究を切り開いた資料を選んで、特別展を開催。 春季・秋季の2回にわ、春季展においては、旧石器時代から古墳時代中期までの資料を展示。
   土偶(観音寺本馬遺跡)
   流水文銅鐸(奈良市山町出土)
   重文 三角縁神獣鏡(黒塚古墳)  
   ガラス製管玉(桜井茶臼山古墳)
   鉄地金銅装眉庇付冑(五條猫塚古墳)
   重文 金製指輪(新沢千塚126号墳) など

研究講座:研究所 講堂にて、午後1時〜4時30分(正午開場)申込不要、参加無料
第1回 5/6(日)「研究所80年の歴史と100年に向けて」菅谷文則氏(研究所所長)
         「考古学 疾風怒濤の時代」岡本健一氏(毎日新聞客員編集委員)

第2回 5/20(日)「研究所の80年と奈良盆地の旧石器・縄文時代」
              光石鳴巳氏(奈良県教育委員会文化財保存課調整員)
         「私を考古学世界にいざなった恩師たち
          −橿考研の研究風土で育った70年−」宮川 氏(研究所共同研究員)
第3回 6/10(日) 「桜井市外山茶臼山古墳・メスリ山古墳が語るもの
             〜橿考研盛年期の発掘調査から〜」白石太一郎氏(大阪府立近つ飛鳥博物館長)
         「桜井市纒向遺跡と箸中山古墳(箸墓)」石野博信氏(元研究所副所長)

列品解説:5/5、5/19、6/9、6/16(土)午前10時30分〜11時、午後3時〜30分
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                     明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー