ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.11136] 【京都】国立博物館/池大雅 天衣無縫の旅の画家 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2018/04/08(Sun) 00:45:00

東山七条の京都国立博物館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=26&c=61では、江戸時代の文人画家の展示が始まりました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆「特別展 池大雅 天衣無縫の旅の画家」〜5/20(日)
  月曜休館(4/30(月・休)は開館、5/1(火)は休館)
  開館時間:午前9時30分〜午後6時(金土は8時まで、入館は閉館30分前まで)
  入館料金:一般1500円 大学生1200円 高校生900円 中学生以下無料
       身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳、戦傷病者手帳、被爆者健康手帳
         提示者と介助者1名無料
 清新で衒いのない明るさに満ちた作品で、江戸時代中期の京都画壇で与謝蕪村とともに「南画の大成者」と並び称される池大雅(1723〜76)の、初期から晩年にいたる代表作を一堂に集め、その画業の全体像を紹介し、人となりや幅広い交友関係を示す資料を通して、当時から愛された人間大雅の魅力に迫る。また大雅が日本各地を訪ね、絵画制作に果たした役割についても検証する。
  渭城柳色図 池大雅筆 新潟・敦井美術館(通期展示)
  寒山拾得図 池大雅筆 (前期:4/7〜30展示)
  四季歌賛(4幅のうち) 池大雅筆(通期展示)
  三岳紀行図屏風 池大雅ほか筆 当館(通期展示)
  重文 蘭亭曲水・龍山勝会図屏風のうち龍山勝会図 池大雅筆 静岡県立美術館(通期展示)
  国宝 楼閣山水図屏風(右隻) 池大雅筆 東京国立博物館(後期:5/2〜20展示)
記念講演会:平成知新館 講堂にて、午後1時30分〜3時、定員200名
 当日12時より、平成知新館1階グランドロビーにて整理券配布、定員になり次第、配布を終了、入館券のみ
4/14(土)「西湖への憧れ―大雅の名勝図を体感する―」出光 佐千子 氏(青山学院大学 准教授/出光美術館 学芸員)
4/21(土)「旅する画家の絵」福士 雄也氏(研究員)
4/28(土)「池大雅の絵画―あるいは卵の殻と黄身との関係―」佐藤 康宏 氏(東京大学大学院 教授)
5/12(土)「大雅と蕪村―十便十宜図を中心に―」小林 忠 氏(岡田美術館 館長)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                     明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー