ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.11134] 【京都】大学総合博物館/足もとに眠る京都 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2018/04/05(Thu) 23:50:01

 京都大学総合博物館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=26&c=32では、 京都市考古資料館と共催で、京都市内の考古学の展示を開催中です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆平成30年度企画展 京都大学文化財総合研究センター設立40周年記念・文化財発掘IV
「足もとに眠る京都─考古学からみた鴨東の歴史─飛鳥〜室町時代編」〜6/24(日) 
     月・火曜休館(祝日平日に関わらず)
     入館料金:一般400円 高大生300円 小中生200円 

 鴨川の東、比叡山から東山の山麓にひろがる「鴨東」一帯に、1万年前から残る遺跡の発掘調査の成果を紹介。
 吉田キャンパスが位置する鴨東の古代〜中世の歴史を物語る資料を展示。構内の遺跡からは、奈良時代の貨幣や土器、平安時代梵鐘鋳造遺構出土の鋳型や道具類、吉田泉殿など鎌倉〜室町時代の邸宅や屋敷跡から出土した軒瓦や各種の土器・陶磁器類を紹介。 7世紀の巨大寺院の北白川廃寺やその下層の飛鳥時代集落、平安後期の院政期の栄華を象徴する白河街区と六勝寺、など大学周辺の資料も陳列。

講演会:博物館本館3階講演室にて、午後1時30分〜3時、入館料のみ、申込不要、先着順

第1回 5/19(土)「足もとの歴史を探る─京大構内発掘40年のあゆみ─」千葉 豊氏(文化財総合研究センター准教授)
        「縄文時代の巨木の発掘と研究─北白川追分町遺跡の調査成果から─」村上由美子氏(総合博物館准教授)
第2回 6/2(土)「遺跡発掘と自然科学─考古学とつきあって─」竹村惠二氏(大学院理学研究科教授)
第3回 6/9(土)「梵鐘鋳造遺構の発掘調査から始まった梵鐘鋳造技術の研究」五十川伸矢氏(鋳造遺跡研究会会長)
第4回 6/16(土)「中世公家の伝領と吉田地域─勧修寺家本『御遺言条々』を中心に─」
                吉江 崇氏(大学院人間・環境学研究科准教授)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                     明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー