ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.11132] 【千葉】市美術館/百花繚乱列島[4/6(金)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2018/04/05(Thu) 23:48:14

 モノレール葭川公園の千葉市美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=12&c=0では、江戸時代の絵師の展示が4/6(金)から開催されます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆「百花繚乱列島ー江戸諸国絵師めぐり−」4/6(金)〜5/20(日)
       前期:4/6(金)〜5/6(日)、5/7(月)休館
       後期:5/8(火)〜5/20(日)
    午前10時〜午後6時(金土は8時まで、入館は閉館30分前まで)
    入館料金:一般1200円 大学生700円 高校生以下無料
      リピーター割引:本展有料チケット提示で会期中2回目以降半額
      障がい者手帳をお持ちの方と介護者1名は無料
 江戸時代中後期、全国で土地の出身や、藩の御用絵師など、いわば「ご当地絵師」とも呼ぶべき、個性的な画人が輩出。
 仙台で菅井梅関・東東洋を筆頭とする「四大画家」、水戸の奇才林十江、名古屋出身で京で活躍した山本梅逸や田中訥言、鳥取で花鳥画の黄金期を築いた土方稲嶺や片山楊谷、讃岐出身で全国を放浪した篆刻家細川林谷など。実力派絵師達の作品、上方や長崎で制作されたご当地の版画作品まで。
  菅井梅関《梅月図》 仙台市博物館蔵
  山本梅逸《花卉草虫図》 名古屋市博物館蔵(展示期間 4/6-5/6)
  片山楊谷《猛虎図》三幅対のうち左幅 個人蔵
  沼田月斎《二美人図》 名古屋市博物館蔵(展示期間 4/6-5/6)
  土方稲嶺《猫と糸瓜図》 鳥取県立博物館蔵
  林十江《蝦蟇図》 東京国立博物館蔵   など

講演会:午後2時より(1時30分開場予定)11階講堂にて、無料、先着150名
           当日12時より11階にて整理券配布
4/21(土) 「尾張名古屋は西か東か?」神谷浩氏(名古屋市博物館副館長)
5/12(土) 「地方絵師の熱情―「仙台四大画家」の江戸と西国―」内山淳一氏(仙台市博物館副館長)
4/28(土)「6つのキーワードでめぐる百花繚乱列島」松岡まり江氏(学芸員)市民美術講座

千葉のうまいもん!市:5/5(土・祝)午前11時〜午後5時 1階さや堂ホールにて

ファミリープログラム「わんことお散歩!」5/12(土)、13(日)午前11時〜午後3時
対象:小学生とその保護者  内容や申込方法は館サイトへ

ギャラリートーク
担当学芸員による ―4/11(水)午後2時〜
ボランティアスタッフによる ― 毎週水曜日(4/11を除く)午後2時〜

同時開催「千葉が生んだ浮世絵の祖 菱川師宣とその時代」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                     明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー