ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.11131] 【神奈川】岡田美術館/田中一村の絵画[4/6(金)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2018/04/05(Thu) 23:47:22

 箱根の岡田美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=14&c=114では、奄美を描いた田中一村の展示が4/6(金)から開催されます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆特別展「初公開 田中一村の絵画―奄美を愛した孤高の画家―」4/6(金)〜9/24(月・祝)
   会期中無休
    入館料金:一般・大学生2800円 小中高生1800円
 田中一村(1908〜77)の生誕110周年を記念し、館蔵の一村の作品5点を初公開。50歳で奄美大島へ移住し、亡くなるまでの20年間、日本画の題材となることのなかった亜熱帯の生きものを写し描いて、独自の画境を拓き、生前は無名に等しかったものの、近年再評価が著しい。
 本展では、この奄美時代に制作された稀少な作品のうち、「白花と赤翡翠」「熱帯魚三種」のほか、最高傑作と名高い「アダンの海辺」(個人蔵、展示期間8/24〜9/24)を特別に展示。濃密な花鳥画で、時代を超えて一村と通じ合う伊藤若冲、東京美術学校の同級生であった東山魁夷の作品や、一村が学んだ中国画・文人画・琳派の作品、近代の花鳥画、陶磁や漆工芸も併せて紹介。
   田中一村「熱帯魚三種」昭和48年(1973)
         「あぢさい」
         「花菖蒲」
   東山魁夷「朝の聖堂」
   伊藤若冲「花卉雄鶏図」江戸時代中期
   呉昌碩(ごしょうせき)「牡丹図」<br/>中華民国9年(1920)  など    

講演会:午後1〜2時30分、5階ホールにて、定員80名、入館料のみ、電話にて申込0460-87-3931
4/22(日)7/29(日)「田中一村と生命の輝き」小林忠氏(館長)
9/16(日)「一村の愛した奄美」宮崎緑氏(千葉商科大学教授・田中一村記念美術館館長)

館長によるギャラリートーク:毎月第1・3水曜、午前11時〜
学芸員によるギャラリートーク:毎週金曜、午前11時〜
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                     明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー