ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.11128] 【大阪】正木美術館/筆墨清適[4/3(火)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2018/04/03(Tue) 00:13:01

 泉北郡忠岡町の正木美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=27&c=169では、水墨の名品展を4/3(火)から開催されます。  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆「筆墨清適 さわやかな水墨の名品」 【前期】4/3(火)〜5/13(日)
                        【後期】5/17(木)〜7/1(日)
   月曜休館(4/30(月・祝)は開館) 、5/1(火)15(火)16(水)休館
   入館料金:一般 700円 高大生 500円 小中生 300円
          障がい者手帳の提示で本人を含む2名まで半額
 秋季に開館50周年記念展を控え、コレクションの中核を担っている日本中世の水墨画・墨蹟作品を中心に、さわやかな趣の名品を選んで紹介。「布袋図」(愚渓右慧筆)、「竹石図」(惟肖得巌ほか賛)、「渓陰斎図」(一華心林ほか賛)など、中世の禅林美術の逸品を陳列。
 新館では、創設者正木孝之(1895〜1985)が愛した茶道具の数々「中興名物 瀬戸真中古茶入 銘小筵」(室町時代)や「谷焼 楽茶碗」(江戸時代)など、滴凍翁の茶道での美意識を感じる。
   「虎関師錬墨蹟 聯芳偈」 室町時代 前期展示
   「布袋図」 愚渓右慧筆 室町時代 後期展示
   「竹石図」 惟肖得巌ほか賛 室町時代 前期展示
   「朱塗角形瓶子」 室町時代 通期展示  
   「中興名物 瀬戸真中古茶入 銘小筵」 室町時代 通期展示

赤井 勝 装花  in 正木記念邸 2018春 4/3(火)〜4/8(日)入館料のみ

講演会:6/3(日)午後2時〜、正木記念邸 にて、定員50名、館サイトにて要申込み
「室町水墨画の魅力―禅僧が「淡明さ」をめざした理由―」 太田孝彦氏(同志社大学名誉教授)

春の館長茶会:4/15(日)正木記念邸 広間にて、 午前10、11時、12時30分 
“初心者でも楽しめる”茶会入門席 午後1時30分〜
  正木久彦(館長) 1500 円(入館料別途) 各席15名 先着順、館サイトにて要申込み

学芸員によるギャラリートーク:4/22(日)、5/12(土)、6/8(金)、7/1(日)午後2時〜

正木記念邸:土日祝日のみ見学可 、平日は庭先のみ見学可

呈茶席:土日祝日のみ実施 :正木記念邸にて抹茶とお菓子、一服 500円
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                     明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー