ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.11105] 【奈良】天理参考館/北米先住民の伝統文化[4/4(水)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2018/03/25(Sun) 23:28:37

 天理大学附属天理参考館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=29&c=38で4月から開催される展示を紹介します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆第81回企画展「大自然への敬意ー北米先住民の伝統文化ー」4/4(水)〜6/4(月)
    火曜休館(4/17は開館)4/28(土)休館
    入館料金:大人400円 小中生200円
         障がい者と介護者1名は無料(要手帳提示)
 かつて多様な文化を持つ先住民が大自然と共に暮らしていた北米の広大な領域は、ヨーロッパ人との接触以降、幾多の困難な道程を経て、今では約460万人の先住民は多民族国家カナダ・アメリカの一員となっている。
 本展は北米先住民の手によって、身の回りの天然の素材を活用し、遠い祖先から受け継がれてきた装飾が施された生活道具や工芸品を一堂に集めて紹介。厳しい自然環境の中、英知を絞り、自然を克服するのではなく、敬意をもって調和することを志向してきた北米先住民の伝統文化を感じる。
 水汲み壺 アメリカ 18世紀以降 
 戦士の栄誉礼冠 カナダ 20世紀中頃
 調理用編みかご カナダ 推定20世紀初頭
 カチーナ人形 アメリカ 20世紀初頭
 幾何学文様の敷物 アメリカ 20世紀中頃
 羽毛モザイク装飾のある編みかご アメリカ 推定20世紀中頃

ギャラリートーク(展示解説)4/19(木)25(水)5/25(金)午後1時30分から

以下、入館券要。研修室にて
記念講演会:4/21(土)午後1時30分〜3時、定員100名(当日先着順)
「米国南西部先住民ホピと天理参考館所蔵資料との“再会”」伊藤 敦規氏(国立民族学博物館准教授)

トーク・サンコーカン(公開講演会)第261回:5/26(土)午後1時30分〜3時
「北米先住民を知るための基礎知識」梅谷 昭範氏(学芸員)定員100名(当日先着順)

ワークショップ:5/5(土・祝) 午後1時30分〜3時
「バスケットを編んでみよう!」梅谷 昭範氏(学芸員)
募集人数20名 参加費400円 申込みは電話受付のみ T0743-63-8414(先着順)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                     明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー