ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.11104] 【東京】戸栗美術館/金襴手−人々を虜にした伊万里焼−[4/4(水)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2018/03/25(Sun) 23:24:46

 渋谷の戸栗美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=13&c=218で4月より開催される陶磁器の展示を紹介します。
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆「金襴手−人々を虜にした伊万里焼−展」4/4(水)〜6/21(木)
   月曜休館(4/30(月・祝)は開館、5/1(火)は休館)
   開館時間:午前10時〜午後5時(金曜は8時まで、入館受付は閉館30分前まで)
     毎月第4月曜日(4/23 5/28)は展示室で話しながら鑑賞できるフリートークデー
江戸時代、経済力を蓄えた町人を中心として発展した元禄文化で、色絵を施した豪奢なうつわを求める気運が高まり、この頃伊万里焼に“古伊万里金襴手様式”が成立。この色絵と金彩を施したうつわは富裕層の間で好まれ、伊万里焼の色絵を代表するものとなり、海外輸出向けにも古伊万里金襴手様式の壺や皿が生産され、西欧の王侯貴族にも好まれた。明治時代は様々な工芸品が鑑賞品として評価され、伊万里焼も鑑賞目的になった。江戸時代の高級食器から美術品へ、本展では絢爛豪華な古伊万里金襴手を展観する。
  色絵 荒磯文 鉢 伊万里 江戸時代(17世紀末〜18世紀初)
  色絵 花鳳凰文 皿 伊万里 江戸時代(18世紀前半)
  色絵 石畳蔓草文 皿 伊万里 江戸時代(17世紀末〜18世紀初)
  色絵 花卉文 輪花皿 伊万里 江戸時代(17世紀末〜18世紀初)
  色絵 雪輪亀甲文 桃形皿 伊万里 江戸時代(18世紀前半)
  色絵 獅子牡丹菊梅文 蓋付壺 伊万里 江戸時代(17世紀末〜18世紀前半)など

同時開催 第3展示室「磁器生誕から100年の変遷」
     特別展示室「伊万里焼ができるまで」
     1階やきもの展示室「今昔有田紀行」

展示解説日程:第2・4水曜(4/11・4/25・5/9・5/23・6/13) 午後2時〜
       第2・4土曜(4/14・4/28・5/12・5/26・6/9) 午前11時〜
フリートークデー:毎月第4月曜日(4/23・5/28) 午後2時〜ミニパネルレクチャー(予約不要)
とぐりの学芸員講座:午後2時〜3時30分頃
 5/21(月)「白化粧土で装うやきもの」森由美氏(学芸顧問) 
 6/11(月)「魅惑のやきもの、古九谷」黒沢愛氏(GM/学芸員)
 参加費1000円(入館料別)先着35名、電話で申し込み(03-3465-0070)
GW特別企画 やきもの展示解説 入門編
 5/2(水)〜5/6(日)午後2時〜 (予約不要)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                     明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー