ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.11102] 【大阪】逸翁美術館/和の意匠 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2018/03/24(Sat) 23:09:48

 池田市の逸翁美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=27&c=85で開催中の日本美術の展示を紹介します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆開館60周年記念展「One more 未来につなぐ 和の意匠(デザイン)力」〜5/6(日)
   月曜休館(4/30(月)開館、5/1(火)休館)
   入館料金:一般700円 高大生500円 シニア(65歳以上)500円 中学生以下無料
 絵画や工芸品の中に見られる文様や意匠の時代を超えた魅力を紹介。
 銅鐸や須恵器など、太古に作られた物の姿や図柄にも、新鮮な印象を覚える。「あわれ」「わび・さび」といった情趣から生まれる蒔絵、祭礼・遊楽の折々に抱く感興に通じる屏風絵など、それぞれの時代の日本人の感性が生み出した文様や意匠は、歴史の中で繰り返し用いられ、様々な美術工芸品の上に形を変えて親しまれてきた。「平明」「静寂」「遊楽」の三つの観点から作品を選び、未来につなぐ和の意匠(デザイン)力を示す。
  重文 花鳥蒔絵螺鈿洋櫃 付属籐編外櫃
  重文 三十三間堂通矢図屏風 六曲一隻
  重要美術品 古瀬戸印花菊文瓶子
  重要美術品 須恵器 脚付鳥蓋壷
  重要美術品 芒蒔絵棚
  重要美術品 袈裟襷文銅鐸 伝奈良県添上郡櫟本村出土 など

講演会:4/28(土)午後2時より
「日本人の三美意識─平明・静寂・遊楽」仙海義之氏(阪急文化財団学芸課長)
ギャラリートーク:3/31(土)午後2時より 担当学芸員による
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                     明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー