ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.11101] 【大阪】今城塚古代歴史館/古代の日本海文化 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2018/03/24(Sat) 22:31:32

 高槻市の今城塚古代歴史館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=27&c=105では、日本海岸の考古学について展示しています。 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆春季特別展「古代の日本海文化ー太邇波の古墳時代ー」〜5/13(日)
    月曜(祝日は開館)祝日の翌日休館
    入館料金:一般200円 小中生100円
 丹後・丹波(タニワ)地域は、日本海沿岸の山陰や北陸との交流を通じ、北部九州とともに、大陸・朝鮮半島の最先端技術・文化を最初に導入酒、ガラスや玉類、鉄器等を生産した。工業や交易で得た富により、巨大な王墓を築き、ヤマト王権と深くつながりを持ち、大きな影響を与えていた。本展では、丹後・丹波地域の弥生・古墳時代の考古資料をとおして、古代の日本海文化を紹介。
  素環頭鉄刀、ヤリガンナ、鉄鏃:三坂神社墳墓群(京都府指定文化財)
  景初四年銘盤龍鏡:広峯15号墳(重文)
  三角縁神獣鏡:園部垣内古墳(重文)
  丹後型円筒埴輪:網野銚子山古墳
  盾持ち人埴輪   など

講演会:2階映像研修室にて、午後1時30分〜3時、正午から受付にて整理券配布、定員150名
    (2)(3)(4)回は300円
(1)3/25(日)「ヤマト王権と丹後・丹波の古墳ー副葬品からみた地域色ー」内田 真雄氏(学芸員)
(2)4/15(日)「丹後の巨大前方後円墳」広瀬和雄氏(国立歴史民俗博物館 名誉教授)
(3)4/22(日)「歴史時代の丹後と日本海文化」森島康雄氏(京都府立丹後郷土資料館資料課長)
(4)4/28(土)「丹後弥生王国の盛衰ー海外交易が支えた王権の行方ー」肥後弘幸氏(木津川市教育委員会文化財保護課長)
(5)5/6(日)「青龍三年鏡と景初四年銘鏡の謎」森田克行氏(特別館長)

体験教室:体験学習室にて、午前10時15分〜正午 当日午前10時から受付
(1)4/14(土)古代鏡づくり 定員20名 700円
(2)4/7(土)土笛づくり 定員30名 300円
(3)期間中毎週日曜 ハニワづくり 定員30名 約1ヶ月後に返却

展示解説:4/8(日)4/29(日)5/13(日)午後2時〜30分
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                     明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー