ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.11100] 【新潟】県立万代島美術館/古代アンデス文明展[3/21(水・祝)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2018/03/20(Tue) 23:53:48

新潟市の新潟県立万代島美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=15&c=0で明日から始まる古代アンデス文明展を紹介します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆BSN新潟放送創立65周年・新潟日報140年記念
 「古代アンデス文明展 ナスカ、ティワナク、そしてインカ帝国へ」3/21(水) 〜5/6(日)
    4/16(月)のみ休館
    入館料金:一般 1300円 高大生1100円 中学生以下無料
 南北4000km、海岸の砂漠地帯から人が住む限界の高地まで標高差は4500mにも及び、それぞれの環境に多彩な文化が盛衰を繰り返した、南米大陸西岸の古代アンデス文明。トマトやトウガラシ、ジャガイモなどおなじみの作物も古代アンデスの地で育まれ、世界の料理を変えた。本展では、地上絵のナスカや黄金の都といわれたシカンなど、アンデス文明を代表する9つの文化を、優れた意匠の土器、織物、黄金製品やミイラなど、選び抜かれた約200点の貴重な資料を通して紹介。先史時代から、16世紀のスペイン人によるインカ帝国征服まで、約1万5千年の文明史を見る。
  《象嵌のマスク》モチェ文化(紀元200年頃から750/800年頃)
  《細かい細工がほどこされた金の装飾品》シカン文化(紀元800年頃から1375年頃)
  《土製のリャマ像》ワリ文化(紀元650年頃から1000年頃)
  《カラササヤで出土した金の儀式用装身具》ティワナク文化(紀元500年頃から1100年頃)
  《縄をかけられたラクダ科動物(リャマ?)が描かれた土製の皿》ナスカ文化(紀元前200年頃から紀元650年頃)
  《男児のミイラとその副葬品》チリバヤ文化(紀元900年頃から1440年頃)


講演会:3/21(水・祝)午後2〜3時30分、NICOプラザ会議室(朱鷺メッセ内 万代島ビル11階)
     無料・申込不要・先着120名
「古代アンデス文明 その誕生から滅亡まで」篠田謙一氏(国立科学博物館副館長 兼 人類研究部長)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                     明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー