ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.11098] 【京都】国立近代美術館/明治の日本画と工芸 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2018/03/20(Tue) 23:52:00

 岡崎公園の京都国立近代美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=26&c=20では、今日から、明治150年記念展が開催されています。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆「明治150年展 明治の日本画と工芸」3/20(火)〜 5/20(日)
     月曜休館(ただし、4月30日(月・休)は開館)
    午前9時30分〜午後5時(金土は8時まで、入館は閉館の30分前まで)
     入館料金:一般1000円 大学生500円  高校生・18歳未満は無料。
            心身に障がいのある方と付添者1名は無料(要証明書)
           夜間割引(金土曜の 午後5時以降)一般800円 大学生400円
 明治時代には、政府主導のもと殖産興業や輸出振興政策が推し進められ、工芸図案指導に力を注いだ。
 地場産業の振興を目的の一つとして京都府画学校が設立され、多くの日本画家が工芸図案制作に携わり図案の研究を進めた。本展では、明治の工芸図案とともに、美術工芸作品や工芸図案を描いた日本画家たちの作品を一堂に展示し、近代化する社会の中で生み出された明治の美術品を紹介。
  幸野楳嶺《春秋蛙合戦図》1864年頃
  初代 川本桝吉《釉下彩切子形花瓶》1881年
  並河靖之《桜蝶図平皿》明治時代
  深川栄左衛門(八代)《上絵金彩武者図大花瓶》明治時代前期
  正阿弥勝義《鯉鮟鱇対花瓶》明治時代
  長谷川美山(四代)《京都名所図透彫飾壺》明治−大正時代 など


講演会:1階講堂にて、午後2時〜 定員:先着100名(当日午前10時より1階受付にて整理券配布)
4/7(土)「明治の日本画家」 上村淳之氏(日本芸術院会員・日本画家)
4/28(土)「明治工芸に魅せられて」 村田理如氏(清水三年坂美術館長)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                     明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー