ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.11096] 【石川】 金沢美術工芸大学 柳宗理記念デザイン研究所 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2018/03/19(Mon) 23:35:53

 大学の研究所内で行われている展覧会を紹介します。
==================================================================
施 設 名: 金沢美術工芸大学 柳宗理記念デザイン研究所
ふりがな:かなざわびじゅつこうげいだいがくやなぎそうりきねんでざいんけんきゅうしょ
英文表記:kanazawa college of art  
分野 :美術 
郵便番号:920-0902
都道府県:石川県
市区町村:金沢市  
所在地:尾張町2丁目12番1号
電話番号:076-201-8003   
FAX:076-201-8004  
URL:http://www.kanazawa-bidai.ac.jp/yanagi/
公共交通:ふらっとバス 金沢駅東口11番バスのりばから
        金沢ふらっとバス(此花ルート) 彦三緑地下車 徒歩5分
       北鉄バス金沢駅東口3番バスのりばから
           城下まち金沢周遊バス 右回り 橋場町(金城楼前)下車 徒歩3分
       広坂・21世紀美術館バス停から
           城下まち金沢周遊バス 左回り 橋場町(金城楼向い)下車 徒歩3分
道路案内:駐車場 乗用車7台分(内1台は車椅子優先)
       マイクロバス・中型・大型バスで来所は事前要連絡
開館時間:午前9時30分〜午後5時
休 館 日:月曜日(祝日は開所)
入館料金(常設時):無料
展示内容:金沢美術工芸大学で教鞭をとった日本を代表する工業デザイナー、柳宗理の作品をはじめとするデザイン関係資料約7000点余りの寄贈品。直にモノを見、触れてモノと対話するため、キャプション・説明文は一切なし。
観覧時間:
その他(販売・友の会など): 金沢美術工芸大学(小立野キャンパス)とは異なる場所にあり、注意
報 告 者:明日香 光二/馬場 英明
==================================================================
☆「柳宗理と松村硬質陶器展−戦後日本のテーブルウェア−」〜5/13(日)
    月曜休館(祝日は開館)
    入館無料
 日本を代表する工業デザイナーとして活躍した柳宗理が、終戦後にはじめて手がけたのは、戦前から輸出用陶磁器の生産地として名高かった名古屋の松村硬質陶器と手を組んだ、白い陶器のデザイン。《松村硬質陶器初期型シリーズ》で、製陶工場との協働から生み出された清新なデザインが高く評価された。
 日本が戦後復興を遂げる中で隆盛したグッドデザイン運動を追い風に、人々の生活にも浸透し、戦後日本のテーブルウェアを代表する製品として今もなお愛される松村硬質陶器シリーズについて、戦後の日本におけるテーブルウェアの発展と柳の工業デザイナーとしての第一歩とを重ね合わせて、その意義を紹介。

ギャラリートーク:3/31(土)午後2時〜
「柳宗理と松村硬質陶器」南有里子氏(柳宗理記念デザイン研究所学芸員)

学芸員による展示解説:4/14(土)、28(土)午後2時〜
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                     明日香 光二/馬場 英明


- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー