ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.11093] 【奈良】県立万葉文化館/万葉の装い[3/17(土)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2018/03/17(Sat) 11:57:20

 明日香村の奈良県立万葉文化館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=29&c=75で本日から開催される展示を紹介します。  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆「万葉の装い―額田王から淀殿、そして今へ―」3/17(土)〜5/6(日)
     月曜(祝日の場合は翌日)休館
     入館料金:一般600円 高大生500円 小中生300円
             和装で有料観覧された方には「万葉の装い展」の無料招待券を1枚プレゼント
 1931(昭和6)年に初めて挙行され、葵祭・祇園祭・時代祭と共に京の四大祭と言われた染織祭で使用された復元女性衣裳(京都染織文化協会所蔵)を中心に、復元の参考とされた小袖などを併せて展示し、当時の高い染織技術と、今に続く着物の装いについて考える。飛鳥・奈良時代から江戸時代までの衣装の変遷に触れ女性の美を鑑賞する。
   箱崎睦昌《藤波の花》 
   葦絹薄鴇蔦文様衣(京都染織文化協会所蔵)
   赤地唐花紋錦唐衣(京都染織文化協会所蔵)

学芸員によるギャラリートーク:3/18(日)午後1時〜30分
万葉衣裳de大変身!:3/18(日)3/25(日)無料・申し込み不要
    赤ちゃん用・こども用の万葉衣裳も用意あり。

きもの体験!ワンコインで“きもの”を着てみよう:4/15(日)4/21(土)
 午前10時より受付(先着6名・整理券配布)※成人女性に限る、500円

講演会:4/22(日)午後2〜3時30分、無料・申し込み不要・先着150名
「京の四大祭り・染織祭―恐慌・戦争・復興を越えた衣装と歴史―」
  北野裕子 氏(龍谷大学・大阪樟蔭女子大学非常勤講師) 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                     明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー