ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.11090] 【兵庫】香雪美術館/刃金の美 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2018/03/12(Mon) 20:49:04

 阪急御影の香雪美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/test/museum_data_kikaku.php?pref=28&c=3では、刀剣・甲冑の展示を開催中です。
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆刀剣・甲冑コレクション名品展「刃金の美」〜4/8(日)
    月曜休館
    入館料金:一般700円 高大生450円 中学生以下無料

 香雪美術館はが集めた美術工芸品を収蔵し、昭和48(1973)年に開館しました。コレクションは武具・仏教美術から書画・茶道具に至る、しています。
 日本・東洋古美術の各ジャンルを網羅し、香雪美術館のコレクションとなる朝日新聞の創立者、村山龍平(1850–1933、号香雪)の美術品収集は、まず刀剣から始まった。伊勢国田丸藩士の出身の影響で、青年時代には伊勢の刀匠を訪問し、特に古刀を好み「地鉄」と「姿」にこだわって集めた。
 本展では、村山龍平コレクションの中より重文「太刀 銘正恒」(鎌倉時代)や、「太刀銘江州甘呂俊長」(南北朝時代)などの刀剣、甲冑の名品を、京都国立博物館所蔵の作品と併せて紹介。
   重要美術品 太刀 銘「江州甘呂俊長」(南北朝時代)
   重要文化財 太刀 銘「正恒」(鎌倉時代)
   太刀 貼銘「守家(花押)」(鎌倉時代)
   重要文化財 太刀 銘「長光」(鎌倉時代)
   短刀 銘「兼延」(室町時代)
   福神図鍔 銘後藤光良(花押)(江戸時代)
   菊岡光利 麒麟図三所物(江戸時代)
   紺糸威肩白胴丸具足(江戸時代) など

会期中の毎週土曜午後2時から、学芸員によるギャラリートーク
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                     明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー