ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.11089] 【兵庫】陶芸美術館/弥生の美−土器に宿る造形と意匠− 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2018/03/12(Mon) 20:47:51

 篠山市の兵庫陶芸美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=28&c=133では、日本の陶芸の源流とも言える弥生土器の展示を開催中です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆特別展「弥生の美−土器に宿る造形と意匠−」〜5/27(日)
   月曜休館(4/30(月・祝)は開館、5/1(火)は休館)
   開館時間:午前10時〜午後6時(4/29〜5/5は7時まで、入館は閉館の30分前まで)
   入館料金:一般1000円 大学生800円 高校生以下無料
        70歳以上、障害のある方は半額、介助者1名は無料
 明治17年(1884)、エドワード・S・モース(1835〜1925)によって、東京帝国大学裏手の向ヶ岡弥生町(現文京区弥生)の貝塚で発見された球形の土器が発見場所の地名から「弥生式土器」と呼ばれた。
 縄文土器と比べ、薄手で硬く、明るい褐色の土器は九州から東北までの広い地域から出土する弥生土器は、多様な縄目文様やうつわから溢れるような突起物で装飾された火焔土器など、躍動的な縄文土器とは趣を異にし、機能性に優れたシンプルな造形と洗練された意匠が、静穏で対照的。約2,400年前(一説では約3,000年前)、稲作が大陸から北部九州へと伝わり、稲作とともに青銅器や鉄器も伝わり、新たな素材による道具の普及は、農耕生活や社会構造に影響を与え、用途にあわせた多様で地域色のある土器が生み出された。
 本展では、全国各地の遺跡から出土した重要文化財31点を含む、160点を超える多種多様な弥生土器の優品を展示。
  《人面付壺型土器》(重要文化財) 泉坂下遺跡(茨城県常陸大宮市)出土 弥生時代中期
  《朱彩壺形土器》(重要文化財) 朝日遺跡(愛知県清須市・名古屋市)出土 弥生時代後期 
  《台付蓋付鉢形土器》(重要文化財) 瓜破遺跡(大阪府大阪市)出土 弥生時代中期
  《壺形土器》 板付遺跡(福岡県福岡市)出土 弥生時代前期 
  《壺形土器》 南方遺跡(岡山県岡山市)出土 弥生時代中期 
  《広口壺形土器》 船橋遺跡(大阪府柏原市・藤井寺市)出土 弥生時代中期 など

講演会:事前申込制、電話・FAX、館サイトから申し込み
研修棟1Fセミナー室にて、午後1時30分〜3時、定員110名先着順、入館券のみ

3/17(土)「女王・卑弥呼が使った器たち」石野博信氏(兵庫県立考古博物館名誉館長)
4/28(土)「弥生文化の始まりとその広がり」藤尾慎一郎氏(国立歴史民俗博物館教授)
5/26(土)「弥生vs.現代陶芸作家によるトークセッション/現代陶芸作家からみた弥生の造形、その魅力」
    加古勝己氏(兵庫県篠山市)・ かのうたかお氏(京都府京都市)・ 谷穹氏(滋賀県甲賀市)

学芸員によるギャラリートーク:3/24(土)4/7(土)4/21(土)5/5(土)5/19(土)午前11時より
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                     明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー