ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.11078] 【滋賀】大津市歴史博物館/膳所城と藩政 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2018/03/08(Thu) 23:41:55

 大津市歴史博物館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=25&c=1で開催中の歴史の展示を紹介します。  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆本多氏入封400年記念企画展「膳所城と藩政―築城から幕末十一烈士事件まで―」 〜4/15(日)
    月曜日、3/22(木)休館
    入館料金:一般:600円(480円) 高大生300円(240円) 小中生200円(160円)
    ( )内は、15名以上の団体割引、
     または大津市内在住の65歳以上の方、市内在住の障がい者の方、
      市内在住の介護保険の要介護者・要支援者の方の割引料金(要証明書提示)。
 本多康俊が膳所藩主となった元和3年(1617)以後、藩主は俊次に続いて後、いったん菅沼氏、石川氏に代わるが、慶安4年(1651)、本多俊次が藩主に再任されて以降、明治4年(1871)の廃藩置県まで、本多氏が世襲した。膳所藩は、畿内近国を抑える譜代大名として重要な役割をにない、御所や京都市街の防火、交通の要地・瀬田唐橋の修築なども行った。本展では、膳所城や城下町を描いた大絵図、藩主本多氏が着けた甲冑、戦いのときの家臣団の陣立図、幕末動乱のなかで処刑された十一烈士の遺品を始め、藩校遵義堂や膳所焼に代表される教育と文化、領内農民の生活の様子などを紹介。
  大津・石山間湖岸風景眺望図 明治〜大正時代写
  膳所藩陣立図 江戸時代後期
  膳所城かぶき門前普請絵図 天和4年(1684)滋賀県指定文化財
  膳所総絵図 大津市指定文化財 元禄15 年(1702) 
  本多俊次領内定書 慶安4 年(1651)
  糸文字の和歌 作・高橋幸佑 
  寿明君様江戸御下向につき膳所城下他道筋絵図 嘉永2年(1849)
  膳所藩烈士紙縒字短冊 慶応元年(1865) 
  鉄釉耳付茶入 銘童女 江戸時代前期 

企画展「膳所城と藩政」関連講座(第708回れきはく講座)3/24(土)午後2〜3時30分 定員100名
「膳所藩の飛地領支配」郡山 志保氏(甲南大学非常勤講師)申込締切:3/14(水)参加料500円

ミニ企画展「『大津市史』編纂の歩み」関連講座(第710回れきはく講座)3/31(土)午後2〜3時30分 定員100名
「市史編纂から歴博への歩み」樋爪 修氏(館長)申込締切:3/21(水)参加料500円

企画展「膳所城と藩政」関連講座(第712回れきはく講座)4/7(土)午後2〜3時30分 定員100名
「膳所城と粟津晴嵐の景観について」横谷 賢一郎氏(学芸員)申込締切:3/28(水)参加料500円

企画展「膳所城と藩政」関連講座(古文書講座)(第713回れきはく講座)4/14(土)午後2〜3時30分 定員100名
「膳所縁心寺文書を読む−藩主の菩提所とその史料−」高橋 大樹氏(学芸員)申込締切:4/4(水)参加料500円

申込方法:ハガキ希望する講座名と日付、郵便番号・住所・氏名・電話番号を記入
1枚のはがきで、複数の講座申し込み可。
締切日以降に、講座の参加証を発送、定員を超える場合は抽選し、その結果を通知。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                     明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー