ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.11070] 【神奈川】横浜開港資料館 / 銭湯と横浜 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2018/02/28(Wed) 23:48:42

 日本大通りの横浜開港資料館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=14&c=13  で、横浜歴史博物館と連携して行われている銭湯に関する展覧会を紹介します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆平成29年度第4回企画展示 連携企画展「銭湯と横浜−“ゆ”をめぐる人びと−」〜4/22(日)
    月曜休館
    午前9時30分〜午後5時(3/23(金)は展示室のみ7時まで、入館は閉館30分前まで)
    入館料金:一般200円 小中生100円
 都市部において、日本人はこころと身体の疲れを癒すため入浴するのが「銭湯」。1859(安政6)年の横浜開港以降、新しい街ができると、銭湯も新開地に進出し、銭湯の数は増加とともにし、同業者間の激しい競争を生み出し、主に北陸地方から移住してきた銭湯の経営者たちは、試行錯誤を重ねながら生き残り、横浜の地に根づく。
 1914(大正3)年橘樹郡大綱村でラジウム鉱泉が湧出すると、1927(昭和2)年の東横線全通とあいまって、横浜の北部に京浜の「奥座敷」となる綱島温泉が出現。本展では、銭湯や温泉をキーワードに、近代横浜の都市形成史をたどる。
    ジョルジュ・ビゴーの描いた銭湯
    ヴィルヘルム・ハイネの描いた銭湯  など

展示関連講座:3/17(土)講堂にて、午後2〜3時30分 受講料500円、当日午後1時30分より会場にて受付.、先着80名
「綱島温泉の誕生」吉田律人氏(調査研究員)

展示担当者による展示解説:3/23(金) 午後6時〜30分 4/14(土) 午後1時30分〜2時.
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                     明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー