ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.11068] 【千葉】国立歴史民俗博物館/世界の眼でみる古墳文化[3/6(火)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2018/02/28(Wed) 23:46:43

 佐倉市の国立歴史民俗博物館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=12&c=43で3/6(火)より開催される古墳の展示を紹介します。  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆企画展示「世界の眼でみる古墳文化」3/6(火)〜5/6(日)
   月曜休館(休日の場合は翌日)
   入館料金:一般830円 高大生450円 中学生以下無料
         毎週土曜日は高校生は無料
         障がい者手帳等保持者は介護者と共に無料(要手帳提示)
 大建造物を築く世界の中でも群をぬくスケールと言える日本の古墳文化は、どのようにして生み出されたか。世界の王墓や神殿と比べ、出土品や関連資料から古墳文化の本質に迫る。王や古墳の姿を、現代日本のアートやサブカルチャーの担い手、世界の考古学者たちの眼でも探る。
【第1章】王権とモニュメント
  倭の代名詞的モニュメント・前方後円墳 (群馬県保渡田八幡塚古墳)
  古墳時代の王の名が金文字で刻まれた鉄剣 (埼玉県稲荷山古墳・レプリカ)
【第2章】王と墓:権威と象徴性
【第3章】古墳時代の王の姿
  武装男子立像埴輪(伝群馬県出土)
  鉄製短甲(上半身のよろい、熊本県マロ塚古墳出土)要文化財 
【第4章】古墳時代へのまなざし
【第5章】古墳を見る「いま」の眼
  装飾古墳石室の実大模型(熊本県千金甲1号墳) 
  装飾古墳壁画の復元模写(熊本県釜尾古墳)    など

歴博講演会:4/14(土)講堂にて、午後1〜3時
「世界の王墓、日本の古墳」松木 武彦氏(研究部考古研究系教授)

ギャラリートーク
3/6(火) 午後2〜3時、3/10(土)午後2〜3時、3/18(日)午前11〜正午、3/24(土)午前11〜正午
3/29(木)午後5〜6時、4/4(水)午後5〜6時、4/6(金)午後5〜6時、4/7(土)午後3〜4時
4/8(日)午後3〜4時、4/10(火)午後1時30分〜2時30分、4/14(土)午前11〜正午
4/28(土)午前11〜正午、5/5(土)午後2〜3時、5/6(日)午後2〜3時 松木 武彦氏 (考古研究系)

3/11(日)午後2〜3時、4/21(土)午後2〜3時 高田 貫太氏 (考古研究系)
3/17(土)午前11〜正午 仁藤 敦史氏 (歴史研究系)
3/31(土)午後3〜4時、4/1(日)午後3〜4時、4/29(日)午後2〜3時 上野 祥史氏 (考古研究系)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                     明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー