ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.11049] 【兵庫】西宮市大谷記念美術館:藤田嗣治 本のしごと 見ました 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2018/02/18(Sun) 19:40:20

 このところ、時間的にも精神的にも忙しかったので、休息の意味をこめて軽く美術館へ行きたくなりました。
 この展示が終了近いことをみて、2/17(土)に西宮市大谷記念美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=28&c=67へ出かけました。なんと、今年になってはじめてのミュージアムです。

 「没後50年 藤田嗣治 本のしごと −文字を装う絵の世界−」は 文字通り、出版物への挿絵や版画が中心で、藤田手書きの身内や友人へのハガキ・手紙などが多数展示されていました。
 藤田がフランスへはじめに渡ったのは1913年ですが、1920年頃、藤田がさまざまな入選を始めるころには、詩集や評伝などの出版物の挿絵、口絵版画などを多数手がけています。私にわかるのはアンドレ・ジイドぐらいですが、かなりの著名人のものを多数。異邦人の日本人にそのようなものを頼むのだなぁ、と感心。これらでの作品にも、単品の油彩作品と同じように、乳白色の裸婦人を思い起こさせる影の着け方、あるいは眼が同じ方向を向いていない子ども…と藤田の特色が活かされています。フランスで、日本文化を紹介する、昔話の絵本なども出しており、これはちょっと異色な感じ。
 大戦直前から、日本に帰国していた際には、日本の雑誌の表紙画などを手がけていますが、この時にはフランス、パリを懐かしむようなものばかり。戦時中に軍に協力する絵を描いていたことは、興をもってしていた仕事とはとても思えません。

 とても面白かったのは、戦後、批判が集中した日本を抜け出して一時アメリカに渡り、最後の妻であった君代さんを、日本から迎えるためにニューヨークで待っている時の、催促する手紙群。彼の生活ぶりを、毎日毎日、絵日記のように描いたもの。
 さらにフランスへ渡った後、フランスの職人達を描いた版画も楽しいものでした。

 単品の油彩画では寂しい感じの多い藤田作品ですが、コミカルなモノを多く見ることができました。入館した時間が遅く、1時間ちょっとしかなかったので、最後は急ぎ足になり残念でした。

 この展示は、ここ西宮では水曜休館、2/25(日)までです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                     明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー