ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.11045] 【福島】アクアマリンふくしま 投稿者:   投稿日:2018/02/17(Sat) 11:14:59

こんにちは

 結構広域な旅になり、2月12日はいわき市です。

 アクアマリンふくしまですが、データが少し変わっています。

 名前は「環境水族館 アクアマリンふくしま」を主として使っています。

 交通機関はまったく変わっています。次の2つになります。
・常磐線泉駅から新常磐交通バス「小名浜・江名経由いわき駅行き」で「支所入口」下車、徒歩12分 *いわき駅からだと1時間以上かかるので、泉駅乗り継ぎを推奨
・湯本温泉地区から乗合タクシー(1日2往復、要予約)

 データベースにある。「泉駅、いわき駅からの直行シャトルバス」「スパリゾートハワイアンズ、湯本駅からの直行バス」はともにありません。現在のところ直行は乗合タクシーだけですが、道路を挟んだ向かいにバスターミナルとAEONが工事中だったので、AEONの開店に合わせてここを拠点にバスが運行され、行きやすくなるかもしれません。

 入館料\1800は比較的高額ですが、泊まったホテルのフロントで前売り券を売っていて\1600でした。コンビニでの前売り券は割引なしのようです。

 内容はかなりユニークなところでした。

 ゲートを入るとビオトープと言えるわくわく里山・縄文の里を回る回廊になります。水族館のはずなのに最初に見た生き物は魚ではなく鳥でした。ユーラシアカワウソの展示と最後にニホンカワウソが目撃された写真もここに展示されていました。

 回廊が終わって、少し歩くとようやく本館です。

 最初の1Fは自然史博物館のように化石や生物の進化の解説、ポリプテルス、ガー、アミアといった生きている化石と呼ばれる魚がいます。
 一気に4Fに上がると、「ふくしまの川と沿岸」であり、実際の植物が植えられ、その間の水槽にその場所の水生生物がいます。なんか水族館ではなく植物園に来たような感じです。黒潮水槽、親潮水槽の上部、北の海の海獣・海鳥として、アザラシ、トド、ウミガラス等がいます。
 3Fに下りると「オセアニック・ガレリア」で海洋博物館の機能です。海と水辺の環境、漁業、人間との関わりという地味ではあるが重要な内容があります。次の「東南アジアの水辺」で、ここも植物園+水族館のような感じになります。
 2Fに下りるとサンゴ礁の海、黒潮水槽、親潮水槽があります。東南アジアの水辺→サンゴ礁の海→黒潮水槽が南からの流れ、北の海の海獣・海鳥→親潮水槽が北からの流れになっていて、それが実際の方角とも合わせてあり、真ん中の三角形のトンネルが潮目であり、その横がふくしまの川と沿岸という、1つのストーリーになっていることがわかります。
 1Fから連絡通路を歩くとアクアマリンえっぐがあります。ここは子供向けを強く意識したところです。隣のアクアマリンうおのぞきは漁業博物館であると言っています。漁具の展示があったり、釣り体験や、釣った魚をそのまま料理することもできます。外へ出ると蛇の目ビーチ、巨大なタッチングプールでした。本館に戻ると金魚とシーラカンスです。

 本館を出ると、クウェート・ふくしま友好記念日本庭園があり、砂漠の動物フェネックもその隣の施設にいます。

 純粋に水族館とすると意外と展示数は少ない感じですが、自然史博物館、植物園、海洋博物館、漁業博物館と多彩な内容でした。


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー