ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.11040] 【大阪】府立弥生文化博物館/かけがえのない文化財を守る、伝える 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2018/02/11(Sun) 18:10:55

 和泉市信太山の大阪府立弥生文化博物館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=27&c=139では、文化財保存の展示を開催中です。
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆平成29年度冬季企画展「かけがえのない文化財を守る、伝える−大阪における歩みと展望−」〜3/31(土)
     月曜休館(祝日の場合は翌日)
     入館料金:一般430円、65歳以上・高校・大学生330円
          中学生以下・障がい者手帳をお持ちの方【介助者含む】無料
 半世紀にわたり、地域に根付いた文化がはぐくまれ、人びとが寄り添う自然や景観が受け継がれたかけがえのない文化財を守り、伝えてきた大阪府教育庁文化財保護課の歩みを紹介し、新しい文化財保護のあり方、その展望を考える。
序章・終章
 文楽人形
 銅鐸(西浦遺跡・重文)
 図像抄写本(府有形文化財)
I章
 鉄器(山畑古墳群)
 馬骨(日下遺跡)
 埴輪(萱振遺跡、総持寺遺跡)
 刀装具(シショツカ古墳)
 馬具(蔀屋北遺跡・府有形文化財)
 移動式竃(蔀屋北遺跡)
II章
 衣裳人形(秋山信子氏・重要無形文化財保持者)
 茶の湯釜(故角谷一圭氏・重要無形文化財保持者)
 古清水色絵雉子香炉(府有形文化財)
III章
 上神谷のこおどり衣装・道具一式(府民俗文化財)
 
学芸員による展示解説:2/25(日)、3/3(土) (いずれも午前11時から)

講演会:午後2〜3時30分(午後1時30分より受付)、1階ホールにて、入館料のみ、
    定員170名、開館時より整理券配布
第2回 2/25(日)「文化財の保護から活用へ」
  田邉征夫氏(公益財団法人大阪府文化財センター理事長)
第3回 3/3(土)「大阪府の社寺建築−その特質と保護の歩み−」
  櫻井敏雄氏(公益財団法人和歌山県文化財センター理事長)

若き考古学徒、論壇デビュー 5thチャレンジ(全3回)
第2回 2/24(土) 午後1〜4時30分
「生駒山西麓の胎土を用いた土器の生産と流通−古墳出現前後の中河内地域を対象に−」
   西浦 熙氏(大阪大学文学部 人文学科考古学専修 4年次生)
「日本古代の蒸し調理と甑形土器−6・7世紀の摂河泉地域を分析事例として−」
   飯塚 信幸氏(大阪大学文学部 人文学科考古学専修 4年次生)
「古代寺院の基壇外装について」
   北川 咲子氏(関西大学文学部 総合人文学科日本史・文化遺産学専修 3年次生)

第3回 3/10(土) 午後1〜3時25分
「岩橋千塚古墳群の築造背景と被葬者像について」
   藤井 康成氏(関西大学大学院文学研究科 総合人文学専攻 前期博士課程 1年次生)
「「折り曲げ鉄器」からみる鉄器生産技術の関連と拡大について」
   阿部 大誠氏(大阪市立大学大学院文学研究科 日本史学専修 前期博士課程 2年次生)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                     明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー