ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.11036] 【京都】国立近代美術館/ゴッホ展 巡りゆく日本の夢 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2018/02/11(Sun) 15:23:53

 岡崎公園の京都国立近代美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=26&c=20では、日本に憧れたゴッホやゴッホにまつわる日本作家の展示を開催されています。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆「ゴッホ展 巡りゆく日本の夢」〜3/4(日)
    月曜休館(2/12(月・振)は開館し、2/13(火)は休館)
    午前9時30分〜午後5時(金土は午後8時まで、入館は閉館の30分前まで)
   入館料金:一般1500円
大学生1100円 高校生
600

※ 中学生以下は無料。
※ 心身に障がいのある方と付添者1名は無料
(入館の際に証明できるものをご提示下さい)。
 1886年、パリに移ったファン・ゴッホの周りでは、ジャポニスムと言われる日本趣味が全盛を迎え、南仏アルルと思い描いた理想郷としての〈日本〉を重ねて描いたゴッホ。日本の芸術家や知識人による聖地オーヴェール巡礼を通して築かれた〈ゴッホ〉も師匠開始、コレクション・ギャラリーでは京都限定企画として、大阪を拠点に活躍する現代美術家・森村泰昌によるファン・ゴッホ関連作品を展示。
 ファン・ゴッホ《画家としての自画像》1887/88
        《ポプラ林の中の二人》1890
        《種まく人》1888
        《夾竹桃と本のある静物》1888
        《寝室》1888
 二代歌川芳丸《新板虫尽》1888
 渓斎英泉《雲龍打掛の花魁》1820〜1830年代
 ファン・ゴッホ《花魁(渓斎英泉による)》1887
 佐伯祐三《オーヴェールの教会》1924
 《芳名録II》1922〜1928

紙芝居「ぼくはフィンセント・ファン・ゴッホ」上演会:2/12(月・振)
午前11時〜(20分程度)1階ロビーにて
庄崎真知子氏(劇団 銅鑼)、小学3年生以上、大人まで
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                     明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー