ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.11015] 【長野】サンリツ服部美術館/「幻想風景」「祈りの美」 投稿者:   投稿日:2018/01/30(Tue) 22:58:44

こんにちは

 1月28日にサンリツ服部美術館に行ってきました。家から一番近いのはハーモ美術館ですが、それに次いで近いところの1つです。

 第1展示室の「幻想風景」は第1部「夢と現実のはざまで」、第2部「奇跡を願って、聖なる物を描く」の2つに分かれています。
 第1部でキスリング、ルオー、シャガール等はいろいろなところで見られますが、テレスコビッチやクラーベはサンリツ服部美術館以外でなかなか見られない人です。作品は夢の中の世界を描いた物が中心です。一番気に入ったのはこれもあまり聞かないアルベール・ザバロ「馬」でした。
 第2部はつまり宗教的作品です。この更に前半が仏教的作品、後半がキリスト教的作品になります。これもなかなか聞かない名前である安田登紀子が一部偶然性を使ったユニークな物でした。

 第2展示室の「祈りの美」は第1展示室の第2部から続いているような感があります。仏画には良いと思うのもあリますが、今回の展示は経文などが多く、こちらはやや魅力に欠けると感じました。


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー