ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.11011] Re: 【岐阜】県美術館/ディアスポラ・ナウ 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2018/01/28(Sun) 21:48:09

まもなく、2018年の1月も過ぎ行こうとしています。遅いコメントで住みません。

「ディアスポラ・ナウ」のタイトルだけで、迫るもの、シリアスなものを感じてしまいます。
>   アクラム・アル=ハラビ:シリアのゴラン高原
>   ランダ・マッダ:シリアのゴラン高原
>   ラリッサ・サンスール:パレスチナの東エルサレム
>   ムニール・ファトゥミ:モロッコのタンジェ
>   ミルナ・バーミア:パレスチナの東エルサレム
>   キュンチョメ:日本の水戸と横浜 2人組
エルサレムは、昨年末に、トランプ大統領の宣言があったばかりなので、タイムリーで、そこが民族の軋轢になっている場所だと改めて感じます。
 私は、すべてのアート作品に社会や思想を探って見ることには賛成ではないのですが、逆に社会的な問題、深い思想をさりげなく芸術に忍ばせる作家には敬意を感じます。その場所への違和感、といったものを表現するのに画像や映像を利用するのは適切だと思います。パレスチナの、ユダヤ人の落ち着かなさ、不安感、そうしたものが表現されているのだろうと想像します。

 水戸や横浜がなんでディアスポラなんだろう、と思えば、震災関連だったのですね。
>  最後の日本のキュンチョメは震災からの避難者が通行止の写真をPhotoshopで修正している画面がそのまま作品となっています。

>  常設展は開館35周年ということで重要な所蔵品を順次公開しているようです。ルドンの初めて見る作品もありましたが、現在の一番は山本芳翠でしょう。
 山本芳翠…あの浦島太郎ですね。青木繁もそうですが、全く日本的な題材を洋画で描く…明治芸術の象徴のようで、興味がありますね。
                 明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー