ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.11006] 【大阪】市立東洋陶磁美術館/唐代胡人俑/人間像 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2018/01/06(Sat) 00:26:12

 中之島の大阪市立東洋陶磁美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=27&c=33で開催中の展覧会を紹介します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆開館35周年記念・日中国交正常化45周年記念特別展
  「唐代胡人俑―シルクロードを駆けた夢」〜3/25(日)
       月曜休館(1/8、2/12は開館)、1/9(火)、2/13(火)休館
       入館料金:一般1,200(1,000)円、高校生・大学生700(600)円
              中学生以下、障がい者手帳などをお持ちの方(介護者1名を含む)
                  大阪市内在住の65歳以上の方(要証明)は無料
 唐時代(618〜907)に繁栄した国際都市・長安にはシルクロードを通した西方文化が流入し、「胡人」と称される中央アジアに活躍したソグド人はじめ異民族のエキゾチックな風貌を表した胡人俑が、当時の墓にしばしば副葬された。本展では、2001年に甘粛省慶城県で発見された唐時代の穆泰墓(730年)から出土した鮮やかな彩色と極めて写実的な造形の胡人俑を展示。
 斬新な魅力に満ちた唐代胡人俑の最高傑作を通して、シルクロードを駆け巡った胡人たちの息吹を感じていただければ幸いです。
 本展に併せて、国立国際美術館との共催による同館所蔵の現代の人物彫刻約10点を展示する連携企画「いまを表現する人間像」展と特集展「中国陶俑の魅力」なども同時開催。
   加彩胡人俑 甘粛省慶城県唐開元18(730)年穆泰墓出土

連携企画「いまを表現する人間像」展展示作家
  オシップ・ザッキン、マリノ・マリーニ、佐藤忠良、ニキ・ド・サンファル、イケムラレイコ、
  舟越桂、シュテファン・バルケンホール、マーク・クイン、棚田康司
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                     明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー