ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.11005] 【岐阜】県美術館/ディアスポラ・ナウ 投稿者:   投稿日:2018/01/04(Thu) 23:20:26

明けましておめでとうございます。

 1月3日に、岐阜県美術館の「ディアスポラ・ナウ」に行ってきました。

 行けそうな日がこの日しかなかったので、今年最初の開館日に行きました。

 初めて聞くアーティストばかりです。出身は
  アクラム・アル=ハラビ:シリアのゴラン高原
  ランダ・マッダ:シリアのゴラン高原
  ラリッサ・サンスール:パレスチナの東エルサレム
  ムニール・ファトゥミ:モロッコのタンジェ
  ミルナ・バーミア:パレスチナの東エルサレム
  キュンチョメ:日本の水戸と横浜 2人組

 すべての作者が映像作品を含んでいるので、1時間半くらい見るのにかかりました。

 アクラム・アル=ハラビは虐殺の悲惨な写真を文字によって記号化するということをやっています。白い紙の上に"Eye","Nose"といった文字が並びます。最初何なのかわからないのですが、"Blood"というのもあって、これは悲惨な場面なのではないかと気付きます。

 ランダ・マッダのメインの作品はゴラン高原のある場所で家を掃除している一見何気ないところを撮している映像です。しかし、ある意味非現実的にも見えます。

 ミルナ・バーミアのメインの映像作品は「中断された伝記」といって、自らの生い立ちをたどっているようです。語りは暗いけれども、映っている映像は結構裕福にも見えます。昔の生活だけを描き、今を想像させているようです。

 最後の日本のキュンチョメは震災からの避難者が通行止の写真をPhotoshopで修正している画面がそのまま作品となっています。

 去年のヒロシマ賞展を思い出させる、内容的には重いですが、それをオブラートで来るんだような感じです。

 また、フラッシュや自撮り棒は禁止ですが、そうでなければ撮影してSNSにアップしても良いとなっていました。レアンドロ・エルリッヒ展も同じで、最近の現代美術の展覧会ではこのようなケースが増えているようです。

 常設展は開館35周年ということで重要な所蔵品を順次公開しているようです。ルドンの初めて見る作品もありましたが、現在の一番は山本芳翠でしょう。


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー