ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.11002] Re: 【東京】森美術館/レアンドロ・エルリッヒ 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2018/01/01(Mon) 15:05:08

 六本木の森美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=13&c=66で開催中のレアンドロ・エルリッヒ展の概要を紹介しておきます。  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆「レアンドロ・エルリッヒ展:見ることのリアル」〜4/1(日)
    会期中無休
    午前10時〜午後10時(火曜は5時まで、最終入館は30分前まで)
    入館料金:一般 1800円 高大生1200円 4歳〜中学生600円 シニア(65歳以上) 1500円
       「レアンドロ・エルリッヒ展:見ることのリアル」では一定の条件の範囲内で作品撮影可(館サイト参照)
 国際的に活躍するアルゼンチン出身の現代アーティストで、金沢21世紀美術館に恒久設置された《スイミング・プール》の作家として知られるレアンドロ・エルリッヒは、大型のインスタレーションから映像まで、視覚的な錯覚や音の効果を用いて常識に揺さぶりをかける。
見ているものが現実か疑いを持たせ、無意識のうちに習慣にとらわれて物事を見ていることに気付かせる。本展は、エルリッヒの四半世紀にわたる活動の全容を紹介し、新作を含む44点の作品のうち8割が日本初公開。既成概念や常識などを取り払って、物事を「見る」ことで、新しい世界を体験。
  《反射する港》水に揺れながら漂う手漕ぎ式のボート、その水面はボートと同じ素材でできた立体物。
  《建物》床に横たわった建物のファサード(壁面)に寝転がると、その姿が鏡に映し出され、壁にぶら下がっているように見える。
  《教室》廃校となった学校の教室があり、ガラスに仕切られた隣の部屋にはいると、自分が廃墟の教室に居るかのように見える。
  《精神分析医の診察室》まるで迷路のような体験型のインスタレーション。試着室の中に入ると前方と左右に姿見があり、どこまでも試着室が続く。


ポエトリー・リーディング・パフォーマンス 「レアンドロをよむ」2/27(火)午後7〜8時(受付開始6時30分)
  (美術館は5時で終了し、6時30分より当企画参加者に再オープンし、10時まで展覧会観覧可。
 詩人・建畠 晢が本展の作品世界を題材にした新作を発表し
 足立智美が、建畠 晢の詩と本展をもとに楽器によるパフォーマンスを行う。
 定員40名、入館料のみ、館サイトで申し込み(2/26まで)

森美術館×日本フィルハーモニー交響楽団 音楽ワークショップEYES & EARS Vol.2「聴くことのリアル」
  2/6(火)午後7〜9時30分(受付開始 6時30分)
  (美術館は5時で終了し、6時30分より当企画参加者に再オープン)
  マイケル・スペンサー氏(日本フィルハーモニー交響楽団コミュニケーション・ディレクター)
     同交響楽団ファシリテーター
  高校生以上対象
  定員40名、2000円、館サイトで申し込み(1/25まで)

ギャラリートーク 第3回:2/14(水)午後2〜3時、当日先着順
キュレーターによるギャラリートーク 第2回:3/14(水)午後7〜8時、当日先着順
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                     明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー